g7-CTL Type1
w/Gold Hardware
"Black Beauty"

ゴールドハードウェア+ブラックビューティーでまとめたクールな装いの一本。非常にワイドで豊かな鳴り感も特筆です。

¥371,800-(TAX in)

g7-CTLをベースにゴージャスなオプションを加え、一段と際立つ個性が生まれました。

人気のブラックビューティーをマッチングヘッドで採用し、ゴールドハードウェアを組み合わせ、リアルフィール鼈甲ピックガードでアダルトな色気を添えました。
オリジナルブラックカラーにヴィンテージライクな経年変化を表現しており、ラッカーの飴焼け感や艶のムラ感などが楽器の重厚感、高級感を見事に演出しています。勿論塗膜形成は見た目だけではなくトーンにも大きく影響してきます。
下地からのオールラッカーを丁寧に仕上げ、楽器そのものの鳴りを豊かにし、弾き込んでいく上での成長もより実感し易くなっています。

ピックアップにはVanzandtのダラスチョッパーを採用し、豊かな中域を有したヴィンテージトーンを出力してくれます。ヴィンテージライクな音色でありながらも歪みの乗りが非常に優れており、自然なサステインも心地良く、扱い辛さやピーキーさを感じずにプレイして頂ける筈です。
加えて先述した”鳴り”からくるアコースティカルな弾き応えや感触は、時間を忘れて没頭してしまう要素であり、いつまでも触っていたくなる魅力に溢れています。


指板Rは300Rとし、フレットにも背の高いJescar #55090NSを採用。適度な握り応えのグリップからヒールの仕上がり、そして指板サイドのローリングエッジ処理まで含めて、実に軽快かつノンストレスなプレイアビリティーを実現出来ました。

多くの方に、夢中になって頂ける一本だと思います。
極上の仕上がりを是非体感して下さい。


3.54kg
w/ソフトケース
 
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。

g7-CTL Type1
"Black Beauty"

オプションを最低限とする事で価格もリーズナブルになりましたが、それ以上にトーンで勝負出来る完成度の高い一本です。

Thank You Sold Out!

g7 Specialの中でもロングセラー化しているモデルとして挙げられるg7-CTL。
本機はその魅力を最大限に堪能出来つつも、オプションを最低限とする事で比較的控えめな価格を実現した一本です。

g7-CTLとしての一番の魅力はそのトーンにあります。
一般的にアルダー+ローズ指板のカスタムテリーは太さはあれどやや柔らかめでソフトな印象を持つ個体が多く、扱い易さはあってもテレキャスターらしいパンチやエッジには少し物足りなさを感じる方も少なくありません。
g7-CTLではアコースティカルな要素を突き詰め、アルダー+ローズの良さである中域の太さや歪みノリの良さを最大限に実感出来つつも、コシとパンチのある実音、タイトな輪郭とレンジの広い豊かな反応を実現しました。

本機はピッキングに対する反応が一際タイトでアコースティカル、かつ太くエッジィなトーンを発声してくれ、総じて「弾き応え」を顕著に実感出来る個体と言えます。
単純にアンプからの出音が素晴らしいだけでなく、弾き手にダイレクトに返ってくる感触、そしてプレイに準ずる反応が実にリアルで、思わずプレイが止まらなくなる感覚を覚えるでしょう。


スタンダードなg7-CTLで加えたオプションはマッチングヘッドのみ。これによりg7ならではの魅力をフルに実感出来ながらも、比較的お求め易い価格を実現出来ました。
初めてのg7として、初めてのTLシェイプとしては勿論ですが、生粋のテレキャスターフリークにも是非ご注目頂きたい完成度です。是非お問い合わせ下さい。


3.38kg
w/ソフトケース

●ピックアップは標準仕様であるVanzandt Dallas Chopperを採用。
●指板は305R、フレットにはJescar #55090NSを採用。
●ブリッジには標準仕様であるWilkinson WT3を採用。
●塗装は下地からのフルラッカーフィニッシュ。
 
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。

g7-CTL Type1
"Custom Black Beauty" w/B5G

ブラックビューティーカラー+ゴールドBigsby B5。カスタムの名を冠するに相応しいビジュアルと、太くレトロなトーンが極上の雰囲気を演出してくれます。

Thank You Sold Out!

g7 Special内でもロングセラーモデルとなっているg7-CTL Black Beauty。
g7のオリジナルカラーであるブラックビューティー(一般的な単色黒とは異なり、奥行きのある暖色系ブラック)に彩られ、上品に漂うヴィンテージライクな雰囲気は非常にクールな印象を持つと、大変高い人気を誇っています。

そのg7-CTLから一際カスタム感の強い一本が生まれました。


Bigsby B5と、同社のTLマウントキットを搭載した本機は、大胆にもゴールドハードウェアで統一しました。
実はゴールドメッキのTLマウントキットは、メーカーでも製作はしておらず一般流通はありません。しかし今回、g7では独自のルートと協力企業との連携により特別に用意する事が出来ました。
これはg7でも初の試みとなりましたが、その仕上がりは想定以上。誰もが目を引く圧倒的な雰囲気、オーラを纏っている事が分かります。

ブリッジサドルにはg7-JMでも絶大な信頼を得ているGuardian Rising Saddleを採用し、弦のホールド力を向上させ弦落ちなどに対する対策も最大限配慮。中低域に太さとパンチが加わるなど、トーンへの恩恵も大変大きいマテリアルです。

TLマウントキット+Bigsbyの組み合わせは、通常のテレキャスターにそのままインストールしても弦高が高過ぎるなどマトモに使えない個体が多いのですが、g7ならではの木工&セットアップ技術によりこれを解消。他のg7-CTLと同程度のセッティングとしており、プレイアビリティーに対する拘りも徹底して追求しています。
更に指板RをGibsonと同等の305Rとし、フレットにはJescar #55090NSを嬉しい22フレット仕様としました。


気になるトーンですが、通常のg7-TLとはやはり異なる印象を持ちます。
g7-CTLらしい中域のパンチやコシの強さはしっかりと感じつつも、ビグスビーならではのテンション感からくるレトロな減衰音、そして独特の太さ。加えてジャズマスター用のブリッジ採用である事から、やはりジャズマスターにも繋がる感触と良い意味でのレトロなB級感もあり、非常に興味深いトーンが高い次元で完成されています。
かと言ってジャズマスターよりも歪みノリは良く、ドライブさせた際の存在感はまた格別と言えますね。


ルックスの圧倒的な格好良さ、だけでも勿論お勧め出来ますが、楽器としての完成度、興味深い個性、そういったところにもしっかりとフォーカスを当てたい、そんな一本となりました。
是非カッコ良くプレイして下さい。


3.74kg
w/オリジナルハードケース
 
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。

g7-CTL Type3
"Weather Checked Black Beauty"

ヴィンテージライクなウェザーチェック(ウェザークラック)が雰囲気を掻き立てる、迫力のg7-CTLが入荷です。

Thank You Sold Out!

g7 Specialの中でも一際高い人気を維持し続けるg7-CTL(カスタムテレキャスターシェイプ)。
特に圧倒的な人気を誇るBlack Beautyカラーを採用し、同時にヴィンテージ加工の一つであるウェザーチェック(ウェザークラック)フィニッシュで仕上げた一本となります。

ウェザーチェックとは実際のヴィンテージ個体にも多く見られる塗膜のみの無数のクラック(ヒビ割れ)。
気候(気温)の急激な変化による塗膜のヒビ割れ現象で、凄みのある雰囲気を醸し出す経年変化ですね。
g7では様々な技術を用いてその現象を短時間で、かつ自然に再現する事に成功しています。

レリック加工にはこのウェザークラックは必須ですが、今回のモデルはレリックらしい傷関係は最低限に抑え、ウェザークラックのみを採用したモデルとなります。


見た目の迫力は勿論、指板材には希少なハカランダを採用し、選定されたアッシュボディーと相まって素晴らしいトーンを弾き出します。
非常にブライトかつアコースティカルな心地良い鳴りを実感して頂けると思いますが、本来アッシュのウィークポイントである中域の不足感を全く感じず、太く扱い易い音像である事も特筆できるポイントです。


ペグにはGOTOHのマグナムロック・トラッドを採用する事でチューニングの安定性は勿論、弦交換も容易になり、非常にストレスフリーな環境を得られました。
加えてストリングスガイドレスとなる事により1~2弦を始め、やや柔らかめなテンション感となり、パーカッシブなレスポンスダイナミクスだけではない独特のエアー感、広がりも実感して頂けると思います。
このタイトなレスポンスと軽やかなエアー感、という絶妙なトーンバランスは本機ならと言えるでしょう。


燻し銀なビジュアルと弾き応え抜群のTLトーンを併せ持った一本です。
黒CTLは毎回早いタイミングでソールドとなっている事もあり、ご検討中の方は是非お早めにお問い合わせ下さい。


3.41kg
w/オリジナルハードケース
 
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。

g7-CTL Type1
"Black Beauty" w/Gold Hardware

超軽量なボディーバランス(3.06kg)と、太くキレのあるトーンが持ち味。ブラックとゴールドパーツの組み合わせは特別な存在感が宿りますね。

Thank You Sold Out!

非常に軽量なアッシュボディーを中心に材選定を行い、軽くとも太くコシのあるトーンを実現したg7-CTLです。

一般的にアルダーより軽量な個体が多いスワンプアッシュの中でも、本機は一際軽さを感じる材を中心に製作を開始しました。ネックの方には軽過ぎず、適度な重量バランスを実現出来るハードメイプル、そして黒々としたインディアンローズをそれぞれ選定しました。
重量や色だけでなく、何よりも重要視したのは最終的なトーンバランス。素材の組み合わせ方次第で、同じスペックであっても大きく変わるトーンクオリティー。軽量なギターに多くみられる〝スカスカなトーン〟とならないよう各素材のマッチングを吟味しました。

ピックアップに採用されたVanzandt Dallas Chopperとの相性も抜群で、同モデルならではの太く、適度に暴れたヴィンテージトーンと、ブライトで豊かな楽器鳴りとが高次元で融合している印象を持ちます。
ブライトなエッジと太い中域、トップからボトムまでしっかりと出力されるバランス感の良さ、それでいてヴィンテージライクな減衰感も実感する事ができ、トラディショナルギターならではの面白味を存分にご堪能頂けると思います。


カラーはg7オリジナルのBlack Beautyをマッチングヘッドで採用し、ハードウェアパーツにはゴールドを組み合わせました。深みのある暖色系ブラックとゴールドパーツとのコントラストが実に美しく、ゴージャスともクールとも取れる存在感の強い魅力を放ちます。


指板は305R(Gibson系と同等)、フレットにはJescar #55090NSをそれぞれ採用し、モダンコンポーネント系のモデルに慣れている方でも違和感なく持ち替えられるのではないでしょうか。最終セットアップもg7独自の技術で追い込んでおり、非常にストレスフリーなプレイアビリティーも特筆と言えます。


ヴィンテージトラッドらしいアコースティカルな感触、トーンを堪能出来ながらも、プレイアビリティーはモダンかつ上質なバランスを誇る本機。きっと頼れる愛機となってくれるでしょう。お問い合わせをお待ちしております。


3.06kg
w/ソフトケース
 
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。

g7-TL Type3 Relic
"Vintage Daphne Blue"

思わず唸ってしまう程のリアリティーあるカラーリング、レリック加工が印象的な一本。ヴィンテージライクでありながら太く豊かなサステインも魅力です。

Thank You Sold Out!

一般的にはポップな雰囲気となり易いダフネブルー(水色系カラー)。
本機では歴戦の傷や汚れ、退色やラッカー焼け、全体を覆うウェザーチェックなど、あらゆる経年変化をリアルに再現し、アダルトな魅力でダフネブルーを仕上げました。

近年レリックフィニッシュの楽器も珍しくなくなりましたが、カラーリングやトーンメイキングと同じく、やはり各メーカー毎のクオリティーや雰囲気の方向性などで差異が見てとれます。
特に派手な傷で目をひくといった手法に頼らず、g7では実際のリアルヴィンテージさながらの"雰囲気"で勝負している事がお分かり頂けると思います。画像でご覧頂いてもその存在感は伝わってきますが、やはり現物をご覧頂くと思わず目を惹かれる仕上がりを実感して頂けると思います。

勿論、トーンに関しても妥協はありません。豊かな鳴りを持つアルダーボディーにハカランダ指板を組み合わせ、タイトなレスポンスに加えて非常に豊かで太い音像と、テレキャスターシェイプとは思えぬ程の自然かつ伸びやかで美しいサステインが存在しています。クリーンなアルペジオから積極的なリードフレーズまで気持ち良くアプローチ出来るかと思います。
音の芯にはどこか枯れた感触も備わっており、泥臭いバイト感と相まってヴィンテージライクな雰囲気も抜群です。


決して扱い難い印象はなく、抜群のプレイアビリティーもあって手にしたその日からプレイヤーに寄り添ってくれる一本ではないでしょうか。
生粋のテレキャスターフリークの方には勿論ですが、初めてのテレキャスターシェイプという方にも強くお勧めさせて頂きます。


3.52kg
w/オリジナルハードケース
 
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。

g7-TL Type1 Multilayered Relic
"3TS on 2TS"

サンバースト・オン・サンバーストのマルチレイヤーレリック。コアなスペックで仕上げたテレキャスターシェイプが入荷です。

¥443,300-(TAX in)

近年、市場にも多く流通するようになってきたマルチレイヤーモデル。
1本の楽器に2層のカラーが存在しているモデルで、ヘヴィーなレリックと合わせる事でトップのカラーとは異なるカラーが下地から覗き、非常に個性的かつ派手な印象を与えるカラーリングです。
本機はそのマルチレイヤーカラーを敢えて同系色同士で組み合わせた、実にマニアックかつコアな一本となりました。


トップに塗られたカラーは太いブラックリムと赤が印象の3トーンサンバースト。1959年頃を彷彿とさせる渋い表情が特徴です。
そして下地から覗くのはサンバーストの赤ラインを除いた2トーンサンバースト。3TSが誕生する以前、1957年頃までは、サンバーストと言ったらこのカラーでした。
この同系色である2つのカラーを採用し、迫力のあるヘヴィーレリックで彩った本機。他では見られない独自の表情を堪能して頂けます。


アルダーボディーにローズ指板を組み合わせた本機ですが、鳴りの良いヴィンテージ個体にも見られる「枯れ感×太いバウンド感」の双方が成り立っている事に気が付きます。
豊かな中域に支えられた太いトーンでありながら、明瞭かつワイルドなバイト感と適度なレンジの広さを実感出来ます。
プレイヤーの入力をしっかりと拾いながら、かつヴィンテージさながらの隙間感さえも感じつつ、それでいて太いバウンド感を伴った逞しいトーンへとプッシュアップしてくれている印象です。


ルックスもさる事ながらサウンド自体が雰囲気に溢れており、同時に決して扱い難さは感じない、ポジティブな要素が非常に優れたバランス感で内包されています。
本機ならではのアダルトな雰囲気に是非触れてみて下さい。


3.45kg
w/ソフトケース
 
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。

g7-TL Type3
"Vintage Blonde"

アッシュ+ハカランダを採用し、優れた音響バランスを実現しました。ヴィンテージライクな減衰感、枯れ感を備えたトーンも雰囲気たっぷりです。

Thank You Sold Out!

一般的に多く見られるテレキャスターシェイプにはアルダー+ローズ、もしくはアッシュ+メイプルといった組み合わせが多く、いずれもその組み合わせでないと得られないトーンが確かに存在します。

しかし本機は比較的目にする機会の少ないアッシュ+ローズ、しかも指板のローズには希少材であるハカランダをあえて採用、組み合わせたモデルとなります。


この組み合わせで得られる特性として、まずアッシュボディーは非常にタイトなボトムとトップ、ブライトでジャリっとした質感を持つエッジが挙げられます。加えて膨らまずにクリアな音像を持つ為、弾き心地としてはメリハリとレンジの広さを実感出来るでしょう。
そして指板のローズですがこちらは中域付近から立ち上がる特性を持っており、音像のピークも豊かな中域に集まる傾向があります。故に弾き手からすると太く扱い易いレスポンスが得られ、歪みのノリも良くなりサステインも実感し易くなります。

これらの特性が理想的なバランスでマッチング出来ると、明瞭かつタイトな反応と広いレンジ、それでいて扱い易い中域を含んだ太いTLトーンが生まれます。

今回は指板にハカランダを採用する事でこのレスポンス特性が更に深まり、タイトで艶のある中域を再生してくれているのも特筆点です。



g7のレリックモデルではヴィンテージさながらの自然な減衰音と、豊かでありながら枯れた鳴りが楽しめるのも魅力の本機。

力強いバイト感を持つ立ち上がりから、自然な経年変化を感じる減衰音。太い音像ながらメリハリのある分離感。雰囲気のある隙間感。ただ太いだけではない、ただ鳴っているというだけではない、非常に複雑かつ理想的なトーンバランスが形成出来ている事が分かって頂けると思います。

リアルなレリックが施されたヴィンテージブロンドカラーも実に美しく、プレイヤーをその気にさせてくれますね。

ヴィンテージ個体と真っ向から比較出来るTLシェイプとして、是非お手にとって試して頂きたい一本です。


3.45kg
w/オリジナルハードケース
 
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。

g7-CTL Type1
"Black Beauty"

22フレット仕様のg7-CTLが完成しました。ワイドで暴れた鳴り感、クールな印象のルックスとを兼ね備えた一本です。

Thank You Sold Out!

ブランド初期の頃から高い人気を誇るg7-CTL。
g7ブランド独自のカラーであるBlack Beauty(ヴィンテージGibsonにヒントを得た深みのある黒)と黒のピックガードとを合わせた、精巧かつ存在感の強いルックス。そしてよく抜けるパンチの強いTLトーンとが、共に高い評価を頂き続けています。

本機はアルダーボディーに硬質なハードメイプルネック、セレクトされた上質なインディアンローズとを組み合わせた王道のウッドスペック。
一般的なアルダー+ローズのTLには、太さはあれどコシやタイトさに欠けるモデルが多く見受けられます。
対して本機はタイトなレスポンスとエッジの効いたバイト感が特徴で、太い中域や心地いいバウンド感が存在しながらも分離感が損なわれる事もなく、一音一音に非常に強い存在感が備わっています。

太さやエッジだけでなく適度な枯れ感までも実感でき、ワイルドなヴィンテージトラッドトーンを求める方には是非試して頂きたい一本です。


GOTOHのマグナムロック・トラッド、Jescar #55090NSでの22フレット仕様、305Rの指板ラディアスといった現代的なスペックも積極的に盛り込み、ヴィンテージライクな楽器への抵抗感を出来る限り省いています。


高いプレイアビリティーと上質なトラッドトーンとを高次元で内包出来ました。
弾き応え抜群のCTL。是非お問い合わせ下さい。


w/ギグバッグ
3.46kg

※ピックアップはVanzandt Dallas Chopperを搭載しています。
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。

g7-TL/52 Lightly Relic
"1952 Blonde"

1952年仕様のTLをフラッグシップクオリティーで仕上げました。超軽量3.12kg!

Thank You Sold Out!

非常にシンプルなデザイン、スペックではありますが、そのシンプルさ故に弾き手にも作り手にも技量やセンスが問われるのが初期テレキャスターシェイプです。だからこその弾きこなす喜びを、存分にご堪能頂ける一本が完成しました。


本機のトーンは非常にパンチィかつブライト、そして豊かな生鳴りが印象的。
レスポンスはタイトながら耳に痛い感覚は全く無く、むしろエッジィなトップが心地良さを提供してくれます。
レンジは広く、潰れ辛い音像でありながらも硬すぎる事も無く、薄くも細くもありません。
むしろセットネック系モデル並の太さが確保されており、ドライヴのノリも非常に伸びやかでジューシィー。ブライトな音像のままジューシィーなドライヴというのが矛盾しているように感じますが、本当に良い楽器とはそういうものです。相反する魅力や特性が、絶妙かつ抜群のバランスで内包しており弾けば弾くほどに奥深い魅力に気付かされ、プレイヤー自身のフレーズも自然と豊かなものへと変貌させてくれます。

本機には正にそういった魅力が凝縮されており、カントリーやロックンロールは勿論ですが、ブルースやジャズ、近年の邦ロックや歌モノにまで、あらゆるプレイヤーを満たし、刺激してくれる一本かと思います。


ネックには美しいフィギュアドの出たハードメイプル1P。ボディーには超軽量の1Pアッシュ。
淀みのない、非常にピュアかつ奥深いトーンを出力します。

ピックアップに採用されたVinatageManiacsもブライトかつクリスピー、枯れ感の強い雰囲気たっぷりの個性を持っています。
これが本機の鳴り感との相性も抜群で、隙間感も強いのに実音から太く、枯れているのに豊かなサステインを実感して頂けることでしょう。


カラーは経年変化までも再現した1952ブロンド。ベタッとしたバタースコッチではなく、実際のヴィンテージ個体同様の複雑かつ深みのある表情を再現しました。上品なライトリーレリックも雰囲気を盛り上げます。


出来うる限りのオプションを採用し、究極の1952TLを仕上げました。
ソリッドエレキギターの原点とも言える魅力を、是非g7を通じて体感してみて下さい。


3.12kg
w/オリジナルハードケース
 
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。

g7-CTL Type1
"Black Beauty"

2.88kgという超軽量個体。抜群の取り回しとアコースティカルなトーンをご堪能下さい。

Thank You Sold Out!

ボディーにバインディングを巻いたカスタムテレキャスタータイプ。50's Gibsonからヒントを得たg7オリジナルBlack Beautyカラーと独自加工を施した黒ピックガードを配し、一際スマートかつクールな印象を持たせたg7ラインナップ中でも高い人気を誇るg7-CTL Black Beauty。
今回はボディー材に超軽量のアッシュ材を採用する事で、一層アコースティカルなトーンを実現した一本です。


ボディーには先述した通り超軽量のアッシュ2P、ネックにはハードメイプル1P、指板にはセレクテッドインディアンローズを採用しました。

気になる本機の重量はなんと2.88kg。一般的なTLシンライン並かそれ以下という超軽量なバランスで仕上がりました。
勿論、軽いからといってスカスカな素材を用いるのではなく、ネック側との鳴りバランスを考慮した上での芯のあるタイトなトーンを実現出来ている事がポイントです。
標準スペックであるアルダー材を用いたモデルと比較して明らかに明瞭感とブライトさが増しており、クリスピーかつ艶っぽいプレーン弦。グラッシーながら実にアコースティカルなワウンド弦がそれぞれ堪能出来、やはりクリーン〜クランチでの色気たっぷりな美しいトーンは特筆に値します。

ドライヴさせた際の中高域の強力なバイト感も見事で、非常に存在感の強い音抜けとエッジィなトーンとを実現出来ました。


305ラディアス、Jescar #55090NSフレット、22フレットという指板スペックの恩恵もあり、実にストレスフリーなセッティングを実現出来ている点も見逃せません。グリップから指板エッジの仕上げは特に丁寧に仕上げられており、先述の恩恵も含めg7ならではの高いプレイアビリティーを実感して頂ける筈です。


今後、ここまでの軽量個体は製作も難しいでしょう。本機ならではの抜群の取り回しと澄んだクリーントーンを是非ご堪能下さい。


2.88kg
w/ギグバッグ

※ピックアップはVanzandt Dallas Chopperをセットで採用しています。
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。