G'7 Special
g7-JM/M
Aster Note
"Black Beauty"

製作秘話


 
g7 Specialオフィシャルエンドーサーである神田ジョンさん。彼の2代目シグネチャーモデルとして開発されたAster Noteのアレンジモデルとして、お客様よりオーダーを頂戴しました。
 
端的に表現すると「黒いAster Note」。
通常モデルではメタリックレッドベースの専用カラーが施されるAster Noteを、敢えてBlack Beautyカラーで仕上げて欲しいというご要望を受け製作させて頂きました。
 
 
ピックアップはジョンさんご本人と同様のCurtis Novak Set。詳細なモデル名は非公開となっておりますが、オーナー様にはこの辺りも特別にお教えして致します。どういった意図があっての組み合わせなのか、といったジョンさんの狙いなども汲み取って頂く事で音作りのヒントにもなるのではないでしょうか。
 
 
アッシュボディー+メイプル指板という組み合わせは、非常に明瞭感に溢れたブライトでタイトなトーンが特徴。
ドライヴさせたオードワークにおいても弦一本一本の響きをダイレクトに感じながらプレイすることが出来、潰れ辛い音像感は常にスピード感も失いません。
 
ギラついたトーンがガツンと抜けてくる様は正に神田ジョン本人を彷彿とさせてくれます。
 
 
このモデルをプレイするご自身に酔いしれながら、存分にロックして頂きたい。そんな一本が仕上がったと思います。
 
 

【Spec】
Body : Ash 2P
Neck : Hard Maple 1P
Finger Hard Maple / 22f(Jescar #55090NS
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh SD91-05M
Bridges : AllParts JM w/Guardian RisingSaddle & Retro Tone FixingBush
Pickups : Curtis Novak PU's
Control : 1Vol , 1Tone , 1Toggle SW
Color : Black Beauty
Finish : Half Vintage (Lacquer)

 
 

2021/2/7

ピックアップにはCurtis Novakをセットで採用

ピックアップはCurtis Novakの神田ジョンセットを採用しました。モデルは非公開となっている為、オーナー様のみの特権とも言えます。
  

メイプル指板にブラックのブロック&バインド

メイプル指板に黒のブロックインレイ、そして黒の指板バインディングを採用しました。コントラストの効いたインパクトも充分の装飾で、視認性にも優れたデザインです。
 

ブリッジサドルにはGuardian Rising Saddleを採用

ジャズマスターシェイプの泣きどころであるブリッジ周り。特に弦落ちは多くのプレイヤーを悩ませるポイントです。そこでGuardianは弦溝の形状に拘り「弦をホールドする能力」に特化したサドルを開発しました。浅い溝であるにも関わらず弦の横の動きに対して強力なホールド力を保持しています。
 

Aster Noteのロゴが光ります

ヘッドはAster Noteオリジナルヘッドシェイプと併せ、ロゴにもAster Note専用のデザインをご用意しました。