g7-TLM/M
M.K spec w/T-Armond
"White Blonde"

アッシュ+メイプル+ゴールドハードウェアのマリー・ケイ仕様。加えてTV Jones T-Armondをインストールする事で独自のレトロトーンを実現しました。

¥436,700-(TAX in)

ラージスタイルのオリジナルヘッドシェイプを冠したテレマスターシェイプ「g7-TLM」。
久し振りの新作です。

今回はボディーにアッシュ、ネックと指板には1Pハードメイプルを採用しました。
このウッドスペックによって、パーカッシブかつブライトなレスポンスを実現。全帯域にスピード感を感じ、メリハリのあるレンジ感の広い反応を体感頂けると思います。

アッシュ+メイプルのシングルコイルギターは、音が薄く耳に痛い印象を持つ個体も多く見かけます。
ボトムエンドや音の芯の存在感が特に薄く、歪ませると悲惨な状態となるケースもよく耳にします。

こういった懸念や経験をお持ちの方にこそ本機はお試し頂く価値があるかもしれません。
本機はスピード感を感じると先述しておりますが、注目すべきは量感たっぷりのボトムエンドも中高域と同様にレスポンシブであるという事です。遅れずモタらずに立ち上がってくる太いボトムエンドの恩恵で、ブライトな中高域も大変耳心地の良いものとなります。
加えて音の芯がしっかりと存在している事で、聴感上のピッチ感や中域の音抜けもしっかりと確保されています。

美しく豊かな鳴り感はアコースティカルな感触を存分に実感させてくれますし、ソリッドギターらしからぬ生鳴りの心地良さにも驚かされます。


そして目を引くのはフロントに配されたピックアップではないでしょうか。
GretschのダイナソニックをイメージしたTV Jones T-Armondピックアップは、シングルコイルでありながら独特のファットさとクリアさを両立しており、力強すぎないレトロなトーンはヴィンテージトラッドギターとの相性も抜群。
そのファットさとクリアさを活かしたジャジィな音作りも素晴らしいですが、歪ませた際のレトロなファットドライブはファズ等との相性も抜群な印象です。
リアポジションのパンチの効いたエッジドライブとのコントラストも大変魅力的ではないでしょうか。

このピックアップレイアウトのお陰でヴィンテージライクなシングルコイルの持つ多くの面白みが体感出来る事は勿論、新しい可能性までも想像させてくれる実に刺激に溢れた一本となりました。


カラーは美しいホワイトブロンドを採用し、ハードウェアパーツもゴールドで統一。
ヴィンテージライクでありながらも貴婦人を思わせるような美しさは、マリー・ケイ仕様ストラトを彷彿とさせますね。


過去にも製作例の無い超レアスペックの本機です。是非お問合せ下さい。


Body : Ash 2P
Neck : Hardrock Maple 1P
Grip : Custom Smooth C
Fingerboard : Hardrock Maple 1P / 300R / Dot
Fret : Jescar #55090NS / 22f
Nut : Bone
Machine Head : Gotoh SD91-05M
Pickups : TV Jones T-Armond & Vanzandt TL Vintage
Brides : Wilkinson WT3N
Pickguards : Parchment 1P
Color : White Blonde / Lacquer
Finish : Half Vintage

3.31kg
w/ソフトケース
 
※買い替えによる楽器の下取り、買取のご相談も随時受け付けております。
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい。
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。
※弊社製品(g'7 Special)はFender社の展開するいかなる製品とも関係相関はございません。

クリックすると拡大します。

g7-TLM/R-TV B5
"Black Beauty"

あらゆるレトロな要素をバランス良く配し「カッコいい」を追及しました。

¥473,000-(TAX in)

g7でも新たにスタートしたg7-TLMシリーズですが、早速新しい試みを形にしました。


最大の特徴はフロントポジションに配されたピックアップ、TV JonesのT-Armondではないでしょうか。
Gretschのギターでよく見られるパワフルなシングルコイルですが、これがデタッチャブルのソリッドギターとも相性は大変素晴らしく、本機への搭載実現となりました。
トレモロはBigsby B5を採用している事から、やはりレトロな印象をビジュアルからも与えてくれます。

リアにはVintage Maniacs TL60sを採用しており、バイト感とエッジに溢れたTLトーンを出力してくれます。
これがフロントPUとのギャップを生み出しており、ファットで透明感のあるレトロなサウンドから、荒々しいブライトなサウンドまでをも容易に出力してくれます。


大きな質量を誇るボディー形状から、より豊かな中低域が特徴のテレマスター。それ故にクセの強いサウンドに対しても安心してアプローチして頂けるのではないでしょうか。鳴りによる太さが確保出来ているという事はそれ程に大きな意味を持ちます。

クリーンやクランチでもレトロかつ雰囲気たっぷりなサウンドですが、やはりドライヴさせた際のじゃじゃ馬感は最大の魅力と言えるでしょう。存分に掻き鳴らしてみて下さい。


本機の面白いポイントとして、トレモロにB5を配していますが実はブリッジの裏通し加工も施している為、トレモロを取り外して頂くだけで通常のテレキャスター同様のハードテイル仕様でもプレイして頂けます。
楽器の鳴り感やトーン、ビジュアルまでも大きく変わるポイントですので、お好みや気分次第で変えて頂くのも本機ならではの楽しみかと思います。
(トレモロはネジ4本でボディーに直留めされています。ドライバーを使用し簡単に取り外しが可能です。)


マッチングヘッドも採用されたブラックビューティーはg7 Specialのオリジナルカラー。
ソリッドのブラックカラーでありながら奥行きや暖かさまでも実感頂ける、g7で最大の人気を誇る自信のカラーリングです。他では手に入らないカラーの雰囲気も大きな魅力と言えますね。


多くの魅力が混在している本機ですが要約すると「カッコいい」の一言に尽きると思っております。
懐かしくも新しい、レトロモダンなg7-TLMに是非ご注目ください。お問い合わせをお待ちしております。


3.92kg
w/オリジナルハードケース
 
※買い替えによる楽器の下取り、買取のご相談も随時受け付けております。
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい。
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。
※弊社製品(g'7 Special)はFender社の展開するいかなる製品とも関係相関はございません。

クリックすると拡大します。