G'7 Special
g7-JM/M
〝2-Tone Sunburst〟

製作秘話


 
g7-JMを元に、これまでに無いのに何故かトラディショナルな王道感溢れるオーダーを頂きました。
 
一般的なジャズマスターシェイプはアルダーボディー+ローズ指板。このウッドスペックが最も多く、実際にg7でもこのスタイルが過去に最も多かったのは間違いありません。
今回のモデルはボディーにアッシュ、そしてネック&指板にはメイプル1Pを選択。
そこだけ見ると異端っぽい印象を受けますが、ポジションマークにはシンプルなドットマーカー。ボディーカラーを2TSとし、プリセットコントロール(ダミー)も搭載する事で、グッと王道感の溢れる雰囲気が生まれました。
 
それでいて黒のピックガード、ピックアップカバーを採用する事で適度に引き締め、"格好良さ"の演出も抜かりありません。
 
今回のウッドスペックから得られるメリットとして、やはりクリアで淀みのない音像感、ブライトな質感とタイトでダイレクトな反応、、、これらの特徴はアルダー+ローズでは絶対に寄せる事の出来ない特徴であり、独自の魅力を放ちます。
加えてg7ならではのパンチと太さも兼ね備えており、ペラペラな印象は皆無。むしろ逞しい印象すら持つ仕上がりはg7-JMの強みではないでしょうか。
 
 
ルックスからの印象は王道な渋さ、しかし弾き出されるトーンからは只ならぬ存在感を感じます。更に弾き込んで頂く事で強力なトーンへと成長していってくれる事でしょう。
 
 

【Spec】
Body : Ash 2P
Neck : Hard Maple 1P
Fingerboard : Hard Maple 1P / 22f / Dot
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh SD91-05M
Bridges : A/P JM w/Guardian RisingSaddle & Retrotone FixingBush
Pickups : Seymour Duncan SJM-1 set
Control : 1Vol , 1Tone , 1Toggle , Preset Control(Dammy)
Color : 2-Tone Sunburst
Finish : Half Vintage (Full Lacquer)

2020/9/28

ピックアップはSeymour Duncanを採用

ピックアップにはSeymour DuncanのSJM-1をセットで採用しました。アッシュ+メイプルのウィークポイントである「中域の不足感」を和らげてくれるのと同時に、歪み乗りも良く、音作りも容易になるポイントです。
  

ダミーコントロールを採用

フロントPUのプリセットコントロール。通常のg7-JMは取り付け自体を省いていますが、オーナー様のご要望でダミーを取り付けました。これによりトラディショナルな印象がグッと増す結果に。
 

ブリッジにはRisingSaddleとFixingBushをセットで採用

ジャズマスターユーザーの多くが悩まされ続けている、ブリッジサドルからの弦落ちやイモネジの緩みなどに対応しました。ブラス製のサドルにより中低域の強調された太いトーンも魅力的です。