G'7 Special
g7-ST/M
〝Mary Kay Blond〟

製作秘話


 
今回のモデルは"Queen Of Strato"の異名を持つマリー・ケイSTを元にしたスペシャルモデルです。
 
ブロンドカラーとゴールドパーツとの対比は非常に美しく、ヴィンテージコレクターの間でも常に羨望の眼差しを受けるスタイル。そんな由緒あるスタイルをg7なりの解釈とアレンジで、オーナー様好みの一本に仕上げました。
 
アッシュボディー+メイプル1Pネック、そしてピックアップには1954年当時のトーンを再現したモデルをチョイスしました。この当時のモデルは実際のヴィンテージ含め、決して扱い易くはありません。煌びやかでありながらも、一般的なメイプル指板のストラトトーンと比較するとブライトさやキラキラ感を抑えてあり、音の芯がより見え易くなっています。
加えて材の構成上、そしてピックアップのトーン上、どうしても中域やふくよかなサステインが不足する事から弾き手にとっては決して優しくない個体が多く見られます。
 
今回製作する上ではこの"扱い辛さ"をいかに"面白み"へと昇華させるかが課題となりました。
その為にはまず材の選定、マッチングが最重要となります。硬過ぎず、軽過ぎず、それでいてタイトなレスポンスと自然な太さが得られるウッドトーン。そして豊かな鳴り感。
これらに加えてリアPUには独立したトーンコントロールを配し、セットアップではブライトさとボトムのバランス、ストラトらしくトレモロを併せてしっかり鳴るセッティング等を心掛けました。
 
トーンのパンチと煌びやかさ、圧倒的なレンジの広さも併せ持ちながらも、同時にプレイしていて"面白い"と純粋に感じれる一本となったかと思います。
 
 

【Spec】
Body : Ashh 2P
Neck : Hard Maple 1P
Finger Boad : Hard Maple 1P / 21f(Jescar #55090NS)
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh SD91-05M-GG
Bridges : g7 Custom Synchronized Tremolo
Pickups : Grinning Dog 54 Style Single Coil for ST
Control : 1Vol , 2Tone , 1Lever SW
Color : Blond
Finish : Relic (Full Lacquer)

 
 

2020/09/24

ピックアップにはGrinning Dogをセットで採用

ピックアップにはGrinning Dogの54 STをセットで採用しました 。1954年のストラト用ピックアップを再現したモデルで、当時の太く煌びやかなトーンが高次元で再現されています。決して扱い易い年代ではありませんが、このモデルならではの圧倒的なレンジの広さは、弾きこなせるプレイヤーには堪らなく癖になるものではないでしょうか。
  

ブロンドカラーにゴールドパーツ、美しいマリーケイ仕様

アッシュボディーのブロンドカラー。ゴールドハードウェアを組み合わせたマリー・ケイ仕様のストラトを元に、アノダイズドゴールドピックガードも合わせ"Queen"の名に相応しい装いとなりました。
  

ボディーにはレリック加工

ボディーにはリアルなレリック加工を施し、更なる深い味わいと迫力とが加わりました。ウェザーチェッキングも同時に施しており、これが楽器の鳴りへも影響を与えてくれます。