G'7 Special
g7-ST Type3
〝Ferrari Red on 3TS〟

製作秘話


 
今回のオーダースペックは細かいアレンジ含め、オーナー様からのイメージが纏められたエクセルデータを頂戴し、そのご希望スペックを元に突き詰める進め方となりました。
そのまま採用となった箇所もあれば、アドバイスをさせて頂いた上で変更となったり、箇所によっては製作中に変更になったりと、とことんまで考えられた一本である印象を持ちます。
 
 
ボディーはアルダー2P、ネックはハードメイプルに希少なハカランダ指板。ここまでは割と多く見受けられますが、特殊ピックアップを使用したカスタムアッセンブリー。ここがまず大きな特徴といえます。
 
詳しくは割愛させて頂きますが、Grinning DogのTBV-2ピックアップ、ON/ONのミニスイッチと4回路を持つスーパーレバースイッチをそれぞれ駆使し、このギターならではの多彩なトーンメイキングを可能としました。
ストレートで太く、非常にクリアな音像を持つトーンは歪み乗りも素晴らしく、変なクセも無いため扱い易く、あらゆる音作りにおいても高得点を叩き出せる、、、そういった印象を持ちました。
 
フレットにはJescarのEVOを、指板サイドには蓄光素材のサイドポジションを採用するなど、レリックな見た目からは想像つかない程にモダンなスペックを盛り込んでいる事も大きな特徴ではないでしょうか。
 
 
カラーは下地の3TSから拘って頂き、各ラインの太さやフェイド具合までしっかりとお好みを反映。メインの赤色は当初からFerrari Redというオーダー内容でしたが、進めていく内にヴィンテージライクな雰囲気を強めていくスタイルへと変化していきました。「経年変化を経たFerrari Red」という、g7以外ではなかなか見る事が出来ないスペシャルなカラーです。
こういった加工が功を奏しヘヴィーレリックされた塗膜との相性も素晴らしく、世界に一本だけの圧倒的な個性を身に付けられたのではないかと思います。
 
 
 

【Spec】
Body : Alder 2P
Neck : Hard Maple 1P
Finger Boad : Jacaranda / 22f(Jescar #55090EVO)
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh SD91-05M-GG-MG
Bridges : g7 Custom Synchronized Tremolo
Pickups : Grinning Dog TBV-2C Aged Set
Control : 1Vol , 1Tone , 1mini SW , 1Lever SW(Custom Arrange Assy.)
Color : Ferrari Red on 3TS
Finish : Heavy Relic (Full Lacquer)

 
 

2020/06/21

ピックアップにはGrinning Dogをセットで採用

Grinning DogのTapped Bucker Ver.2 Classicをセットで採用しました。ノーマルハム、スタックハム、Tapシングルといったバリエーションを可能としたハムバッカー。このピックアップならではのトーンバリエーションが本機の大きな魅力となっています。
  

ミニスイッチを交えた特殊配線を採用

2点スイッチを切り替える事でレバースイッチ各ポジションの選択が変わります。ハムやスタックハム(ノイズレスのTapイメージ)、Tap + Tapのミックスポジションなど、様々なトーンバリエーションで多彩な音作りを堪能出来ます。
  

ペグにはGOTOHのマグナムロック

ペグにはGOTOHのマグナムロックを採用。チューニングの安定性を向上させつつ、通常のクルーソンスタイルとほぼ同様のデザインで仕上げられている優れ物です。
 

カラーは拘りのマルチレイヤーレリック

下地の3TSからその後トップの赤、更にレリック関係まで含め、幾度となく立会いをお願いし、オーナー様の究極を目指しました。迫力あるルックスはインパクト大ですね。
 

指板には希少なハカランダ材を採用

年々希少化が進むハカランダ材を贅沢に指板材として使用。加えてフレットにはJescar EVOフレットを採用し、これまでにない滑らかでタイト、それでいてスムースなサステインを得る事が出来ました。硬質なハカランダ材との相性も悪くないようです。