G'7 Special
g7-PB Type1
"Vintage Olympic White"

製作秘話


 
今回のオーダーは、まず店頭に展示販売中のモデルを触って頂き、その上でお好みやご要望を伺いながらじっくりと詰めていきました。
 
オリンピックホワイトが飴焼けを起こしてきてるような状態。このカラーリングも実際に立ち会って頂き、職人と直接の打ち合わせの中でしっかりと煮詰めていき、味わい深く、品のあるヴィンテージオリンピックホワイトが仕上がりました。
ピックガードに採用されたのはリアルフィールべっ甲ガード。こちら柄もオーナー様の拘りを反映させて頂き、100%の理想を形に出来たように思います。
 
 
アルダーボディーならではのふくよかな音像と、g7らしいタイトなレスポンスとが絶妙なバランスで内包している印象。
プレベらしいファットで逞しいボトムエンドながら、音の芯や抜け感が埋もれないのも特筆点です。
どういったアンサンブルにも溶け込ませやすそうな、懐の広さを感じる出音となりました。
 
 
これから先、ルックス面もサウンド面も更に味わい深くなっていく事が容易に想像出来る一本。是非末長くご愛用頂きたいですね。

 

【Spec】
Body : Alder 2P
Neck : Hard Maple 1P
Finger Boad : Indian Rosewood / Dot / 20f
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh GB29N-L
Bridges : Wilkinson WB2P
Pickups : GrinningDog Black PB
Control : 1Vol , 1Tone
Color : Olympic White
Finish : Half Vintage (Full Lacquer)

 
 

2020/02/22

ピックアップにはGrinning Dogを採用

ピックアップにはGrinning DogのBlack PBを採用 。スラブローズ期のPBピックアップをイメージしたモデルで、クリアさとスピード感が持ち味です。ピッキングに対する反応も素晴らしく、弾き手のテンションを上げ続ける一つの要素となっています。
  

ブリッジWB2Pを採用

ブリッジにはWilkinsonのWB2Pを採用。g7のベースでは拘りの標準パーツとなりますが、実は既にメーカーディスコン(生産終了)となっている貴重なモデル。それでもなお採用し続けるのにはそれだけの理由があります。
 

カラーはラッカー焼けまで拘ったヴィンテージオリンピックホワイト

ラッカーの焼け具合やムラ感までも、オーナー様ご自身と一緒に作り上げた拘りのカラーです。リアルなフィーリングを持つ、特別なべっ甲ピックガードとの相性も抜群。王道でありながら非常にインパクトの強い表情が魅力的です。