G'7 Special
g7-CTL
"Black Beauty"

製作秘話


 
g7のラインナップ中でも一際高い人気を誇るg7-CTLのブラックビューティー仕様。
今回の一本も非常に素晴らしい仕上がりとなりました。
 
ボディーにはアルダー2P、ネックにはハードメイプル1P、指板にはセレクテッドインディアンローズウッドをそれぞれ採用しました。
重量バランスやトーンバランスまでを吟味し、ベストなマッチングとなるようそれぞれの材を選定させて頂きました。
 
カラーは最早お馴染みとなったブラックビューティー。ヴィンテージのレアスポールカスタムからインスパイアされた、深みのある立体的なブラックとなります。黒なのに暖かみを感じて頂けると非常に人気の高いカラーリングです。
勿論、下地から丁寧にオールラッカーで仕上げており、使用していくうちに音の変化や楽器の成長まで楽しんで頂ける筈です。
 
 
コントロールにはg7のオリジナルアレンジを施してあります。
まずはPUセレクターを4点としており、通常のTLコントロールに加え「シリーズMIX」のトーンをチョイス可能としています。
「シリーズMIX」は別名ハムバッカー配線とも言われ、2つのシングルコイルを直列で結線させます。その名の通りハムバッカー並の太く高出力なトーンが手に入ります。主にリード時にハマるでしょう。
※一般的なTLのミックストーンは「パラレルMIX」となります。(本機の4wayセレクトは双方のMIXを使用可能です)
 
そしてトーンコントロールをプッシュ/プルする事で2種類のコンデンサを選択することが出来るW-Toneも併せて採用しました。
通常のトーンですと音がコモり過ぎると感じる時も多い為、音の中域のみは残して、純粋に角だけ取れていくようなイメージで使用出来るコンデンサをもう1種類追加してあります。
絞り切った際にはワウの半止めした際のトーンに近く、その状態でドライヴをかけると大変ユニークなリードトーンを作る事も可能です。
※トーンを絞っていった際にも音像そのものの抜け感はほとんど変わらない為、非常に扱いやすいトーンコントロールです。
 
 
一見するとシンプルなTLですが、アイディア次第では非常に幅広いトーンバリエーションを実現可能な一本となりました。見た目のクールさだけで満足度も高いかと思いますが、あくまで楽器としてのトーンやプレイアビリティー、使い勝手に拘って製作させて頂いております。
 
オーナー様にも是非末長くご愛用頂き、本機のポテンシャルを実感頂けると大変嬉しいです。 
 

【Spec】
Body : Alder 2P
Neck : Hard Maple 1P
Finger Boad : IndianRosewood / 21f
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh SD91-05M-L
Bridges : Wilkinson WT3GG
Pickups : Vanzandt Dallas Chopper (Less Pressuer)
Control : 1Vol , W-Tone , 4way SW
Color : Black Beauty
Finish : Half Vintage (Full Lacquer)

 
 

2019/10/14

ピックアップにはVanzandtを採用

ピックアップにはヴァンザントのダラスチョッパーをセットで採用。1960年前後のスラブローズ期に、僅かに中域とパワー感を加えたイメージのピックアップ。ヴィンテージライクでありながら非常に扱い易く、g7-CTLとの相性も抜群のモデルです。
  

ブリッジにはWT3Gを採用

ブリッジにはWilkinsonのWT3を採用。ブラス3コマでダイレクトかつ太い音像が得られる上に、オクターヴピッチのセッティングもしっかり合わせられる優れものです。
 

コントロールにはg7オリジナルのアレンジ配線

コントロールは4wayセレクター(通常のTLにシリーズMIXを加えた4チャンネルセレクター)とW-Tone(トーンをプッシュ/プルする事で2種類のコンデンサを切り替えるスイッチ)をインストール。見た目の変化はありませんが、トーンアレンジが格段に広がる工夫です。