g7 Special
g7-TL/52 Lightly Relic
"1952 Blonde"

1952年仕様のTLをフラッグシップクオリティーで仕上げました。超軽量3.12kg!

¥599,500-(TAX in)

非常にシンプルなデザイン、スペックではありますが、そのシンプルさ故に弾き手にも作り手にも技量やセンスが問われるのが初期テレキャスターシェイプです。だからこその弾きこなす喜びを、存分にご堪能頂ける一本が完成しました。


本機のトーンは非常にパンチィかつブライト、そして豊かな生鳴りが印象的。
レスポンスはタイトながら耳に痛い感覚は全く無く、むしろエッジィなトップが心地良さを提供してくれます。
レンジは広く、潰れ辛い音像でありながらも硬すぎる事も無く、薄くも細くもありません。
むしろセットネック系モデル並の太さが確保されており、ドライヴのノリも非常に伸びやかでジューシィー。ブライトな音像のままジューシィーなドライヴというのが矛盾しているように感じますが、本当に良い楽器とはそういうものです。相反する魅力や特性が、絶妙かつ抜群のバランスで内包しており弾けば弾くほどに奥深い魅力に気付かされ、プレイヤー自身のフレーズも自然と豊かなものへと変貌させてくれます。

本機には正にそういった魅力が凝縮されており、カントリーやロックンロールは勿論ですが、ブルースやジャズ、近年の邦ロックや歌モノにまで、あらゆるプレイヤーを満たし、刺激してくれる一本かと思います。


ネックには美しいフィギュアドの出たハードメイプル1P。ボディーには超軽量の1Pアッシュ。
淀みのない、非常にピュアかつ奥深いトーンを出力します。

ピックアップに採用されたVinatageManiacsもブライトかつクリスピー、枯れ感の強い雰囲気たっぷりの個性を持っています。
これが本機の鳴り感との相性も抜群で、隙間感も強いのに実音から太く、枯れているのに豊かなサステインを実感して頂けることでしょう。


カラーは経年変化までも再現した1952ブロンド。ベタッとしたバタースコッチではなく、実際のヴィンテージ個体同様の複雑かつ深みのある表情を再現しました。上品なライトリーレリックも雰囲気を盛り上げます。


出来うる限りのオプションを採用し、究極の1952TLを仕上げました。
ソリッドエレキギターの原点とも言える魅力を、是非g7を通じて体感してみて下さい。


3.12kg
w/オリジナルハードケース
 
※買い替えによる楽器の下取り、買取のご相談も随時受け付けております。
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい。
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。