g7 Special
g7-335 / MS-Block
"Vintage Cherry"

希少生産のg7-335が入荷しました。ホンジュラスマホガニーネック+ハカランダ指板、センターブロックには余計なザグリを設けないメイプル+スプルースの伝統的なスタイルを採用しています。

Thank You Sold Out!

センターブロックを要する伝統的なセミアコースティックギター。
現代でも意外な程に選択肢の少ないカテゴリーですが、g7なりのノウハウ、価値観、センスで「究極のセミアコ」を生み出しました。


今回ご案内するのはセンターブロックにメイプルとスプルースの3層構造を持つ、G社でも採用されている伝統的なスタイル。サイズ感は1960年頃をイメージし、デカ過ぎず、しかし余計なザグリは設けないというスタイルをとりました。
このサイズ感であればソリッド過ぎず、同時に音の芯を感じる事が出来る理想のバランスを実現します。

ネックにはホンジュラスマホガニー1P。指板のハカランダには、非常に希少なムラが少なく色も濃い素材を特別に選定。ボディーにはメイプル→スプルース→メイプルの伝統的な合板。その際使用するメイプルにはハードロックメイプルのフィギュアド杢材を採用し、トーンへの恩恵、そしてビジュアル面での美しさを両立しました。


ブライトさと適度な暴れ感、そして泥臭さと広がりを持つ箱鳴り感とがバランス良く内包する生音は、アンプに繋ぐ前に高いポテンシャルを実感させてくれます。ソリッドとは違い生音でもそれなりの音量感もあり、アンプラグドで爪弾くだけでも豊かな時間を与えてくれるでしょう。

アンプインして気が付くのが角の取れた艶のある太い実音。それでいてバイト感やレスポンスダイナミクスもしっかりと実感出来、ピッキングでのトーンコントロールにも驚く程従順に反応してくれます。
ジャジィでマイルドなトーンから、クリスピーでブライトなトーンまで、プレイヤーの意思通りに表情を変えてくれます。

ドライヴさせた際は印象が一変し、クリーン時からは想像出来ない程の歪みノリの良さに気が付きます。
非常にサスティナブルで倍音豊かなトーンは、一般的なソリッドレスポールよりも太さや力強さを実感出来る程。
g7-335がジャズのみに特化したものではなく、実は泥臭いブルースからクラシカルなハードロックまで、非常に高い次元で対応してくれるという懐の広さを感じて頂ける筈です。
それでいてどういったトーンメイキングに於いても、本機ならではのピーキー過ぎずともタイトで艶っぽいレスポンスタッチは健在で、甘くマイルドな面も常に垣間見せてくれます。


1960年代をイメージしたほのかに退色したヴィンテージチェリーカラーのクオリティーもg7ならではと言えます。
このチェリーカラーに於いても、是非厳しい目で他と比べてみて下さい。ホンモノの楽器たる雰囲気、オーラを感じ取って頂けるものと思います。
本機はポジションインレイにミニブロックポジションを、そしてピックガードにはヴィンテージショートガードレプリカを、ペグにはダブルリングのクルーソンをそれぞれ採用しており、こういったノスタルジックな雰囲気を演出するスペックも同様に楽しんで頂けるのではないでしょうか。


冒頭にも記述した通り現代において「本気の335」と呼べる選択肢は非常に少なく、これまでの選択肢に不満を持つセミアコファンも多く存在していたと思います。その中で満を持してのg7からの提案です。
相変わらず生産数は少なく、気になる方は是非お早めのお問い合わせをお願い致します。


3.8kg
w/オリジナルハードケース
 
※買い替えによる楽器の下取り、買取のご相談も随時受け付けております。
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい。
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。