g7 Special
g7-ST Type3 Standard Relic
"65 Candy Apple Red"

長年の酷使によるディープな経年変化が見事に再現されたレリック加工。深みのある赤が圧倒的な表情を生み出します。

¥511,500-(TAX in)
 

ラージヘッド、スラブハカランダ指板、ブラックボビンピックアップを組み合わせ、g7ならではのパンチの効いた迫力のSTトーンを実現しました。

1965年以降のデザインであるラージヘッドを採用し、カラーのキャンディーアップルレッドも'60s半ば頃に多く見られるディープな印象の赤で彩りました。(塗料は下地から全てラッカーを使用します)
しかし指板には希少なハカランダをスラブ貼りにしており、ピックアップにはVintage Maniacs Slab60を採用。
ハイブリッドな組み合わせですが、両時代の良さを掛け合わせたようなトーンが実に魅力的な一本となりました。

g7モデルの大きな特徴である中域のパンチやコシはいつも以上にブライトかつ強力で、弱めなタッチでの表現時に於いてもトーンのコシは変わらず、タイトなレスポンスを失いません。
強めな入力時に於いても音が散らかったり潰れたりする事もなく、太く明瞭感の強い音像がストレートに飛び出します。
ボトムエンドの引き締まりも秀逸で、やや重めなボディーバランスによる太くマッシブな出音はハードなブルース〜ロックのプレイヤーを虜にしてくれるでしょう。

中域の存在感が強いSTでありながら音が飽和状態、団子状態にならずに、優れた分離感とヴィンテージライクな隙間感を全く失っていないところも素晴らしく、和音でプレイした際にも弦一本一本の感触をダイレクトに実感して頂ける事と思います。

クリーンも勿論素晴らしいですが、やはりドライブのノリが秀逸かつ特筆で、潰れない音像感も相まって積極的に様々なペダルを踏みたくなります。
深く歪ませても失わない音抜け、目の覚めるようなトーンとタイトな反応は、時間を忘れてプレイに没頭させてくれる感動を生み出します。


深みのあるキャンディーアップルレッドに迫力のレリックを施し、存在感のある雰囲気を実現しました。
マッチングヘッドを採用した事でその個性はより一層際立っていますね。

ご購入後の経年変化も魅力的で、トーンの変化、そして見た目の変化というのも併せて成長を楽しんで頂ける一本ではないでしょうか。


3.71kg
w/オリジナルハードケース
 
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。
※買い替えによる楽器の下取り、買取のご相談も随時受け付けております。
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい。