g7 Special
g7-335 / MH-Dot
"Vintage Tabaco Sunburst"

ブラジリアンローズ指板+ホンジュラスマホガニーネック。加えてセンターブロックにもホンジュラスマホガニーを採用。究極のハコモノをコンセプトとした一本です。

¥715,000-(TAX in)
 

王道モデルとしての地位を得ながらも、レスポールなどの他モデルと比較して高次元での探求が成されていない。
かねてよりそんな印象を持っていました。そこでg7では「新品で手に入る究極の335」というコンセプトで突き詰めてきました。
今回ご紹介する一本は正にその「究極」と呼べる仕上がり。是非ご注目下さい。


ネックにはホンジュラスマホガニー1P、指板にはブラジリアンローズウッド、ボディーの合板にはカーリー杢ハードロックメイプル+スプルースを全面で使用ました。
このウッドスペックの時点で本モデルが廉価版でもなく、安さをウリとした立ち位置では無い事は容易に想像出来ると思います。
更に本モデルの特徴として、センターブロックにはホンジュラスマホガニーの無垢材を贅沢に使用しています。本家G社ではメイプルとスプルースを組み合わせたブロックですが、g7ならではのアレンジとしてこのスペックを実現しました。
こちらのセンターブロックのサイズ感ですが1960年前後をイメージした、余計のザグリの無い、それでいてソリッド過ぎない(幅広すぎない)g7なりにベストと思われるセンターブロックデザインとなっております。

このセンターブロックでのトーンの差異は比較すると決定的で、通常の材構成と比べて明らかに太く豊かなボトムエンドが手に入ります。

クリーン時において豊かで上品な倍音、ツヤ感、箱鳴り感が得られ、深い暖かみのあるトーン。レンジも広く、正にジャズやブルースなどにマッチしそうな雰囲気を持ちます。
クランチ時には非常にメリハリのある中域が特徴となり、これは豊かさだけではない引き締まったボトムエンドが成せる出音であるように思います。暖かくもあり、それでいてタイトなスピード感も反応として得られ、シンプルに「気持ち良い」プレイをご堪能頂けます。
ハードにドライブさせても実は抜群な相性を持ちます。枯れ感の強いピックアップで出力も高くないのに、深く歪ませた際も潰れない音像感、分離感を失わない音の芯、泥臭く暴れた感触と適度な箱鳴り感。これらが抜群のバランス感で内包しており、実に複雑且つ甘美なトーンバランスを実感して頂ける筈です。

勿論これらのトーンはセンターブロックだけではなく、最上位ランクの各部素材、下地から丁寧に仕上げられたラッカー塗膜、独自の隠し味含め拘った木工、コスト度外視のハイエンドハードウェアパーツ、多くのプロアーティストを唸らせる絶妙のセットアップなど、あらゆる要素を明確なゴールを元にバランスを取り、その上で一つとして妥協なく仕上げられている事が他を圧倒する結果を生んでいる事は想像に難くありません。

「本気の335」をお探しの方はきっと大勢いらっしゃると思います。生産本数は非常に少ないモデルですので、是非この機会にお問い合わせ下さい。お待ちしております。


3.47kg
w/オリジナルハードケース
 
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。
※買い替えによる楽器の下取り、買取のご相談も随時受け付けております。
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい。