G'7 Special g7-ST Type 3S "菊乃"

製作秘話

ファンの方にはお馴染みのあのモデルをg7流に仕上げました



今回頂いたオーダーのコンセプトは見る方が見れば一発で分かるあのモデルを元に、オーナー様の好みを反映させつつg7流に仕上げた珍しいものとなりました。

元となっているシグネイチャーモデル。このモデルにはその元となったストラトがあります。それがS氏が慕うT氏から譲り受けたフェンダーストラト。このストラトにはトップコートがなく、深いブラウンが極限までボロボロに剥げ、傷付いた塗装がなされていました。
この独特のリフィニッシュをT氏から依頼され、実際に仕上げたのが弊社代表兼職人となります。その為このカラーの最初の状態は勿論、当初のコンセプトまでもしっかり熟知しています。

当初は「ヴァイオリンみたいな」というコンセプトから始まり、最終的にトップコートも施さなかったカスタムカラーで、そこにレリック加工を施し更に極限にまでボロボロに剥げていったという何とも異質な歴史を持つオリジナル機。非常に際立った個性が見てとれ、一度目にすると忘れられないインパクトがありますね。

そして今回のオーダーですがシグネイチャーの方ではなく、せっかくなのでオリジナルの方の雰囲気を意識し製作しました。
手触りの問題で最終的なトップコートをごく薄くのせましたが、その風貌、雰囲気は正にオリジナルのそれです。

ルックスだけでなくサウンドも素晴らしく、ブライトでパンチがありよく抜ける、それでいて太いシングルコイルサウンドは唯一無二の魅力を放っています。
元となったシグネイチャーを超えるクオリティ。それを正しく実現出来た究極の一本ではないかと思います。

他より頭一つ抜きん出た個性とサウンド、その双方を一本で手にしたM様。菊乃を片手に、これから先の音楽活動を一層充実したものとなる事を信じています!


【Spec】
Body : Alder 2P
Neck : Plain Hard Maple 1P
Finger Boad : Jacaranda
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh SD510-05M-HAP
Bridges : g7 Original Tremolo Assembly
Pickups : Grinning Dog P-90 / Seymour Duncan CS Alnico Ⅴ
Control : g7 Original ST Circuit
Finish : Original KIKU-MARU Relic (Lacquer)



2014/07/05

指板には稀少なハカランダ材を使用

指板には大変希少なハカランダ材を使用。オーナー様好みの美しく整った柾目材を採用出来ました。サウンドもタイトでバランスの良い中域が印象的で、非常に気持ちの良いレスポンスを実現出来ました。


リアピックアップにはグリーニングドッグ製P-90

リアピックアップにはグリーニングドッグ製のP-90を採用。非常に艶っぽくスピード感のある中域が特徴的で、ファットでありながら透明感とワイルドさを併せ持った独自のトーンを出力します。楽器に合わせ、Fスペースを採用しているのも見逃せないポイントです。


フロントピックアップにはダンカン製アルニコⅤ

フロントピックアップにはS氏本人も使用する、ダンカンカスタムショップ製のアルニコⅤを採用。太くアタッキーな出音が特徴的で、本機の大きな個性ともなっている箇所です。


ペグにはゴトー製マグナムロック

ペグにはゴトー製マグナムロックを採用。優れたチューニング精度を誇る名機であり、アーミングも使用するオーナー様にとって欠かせないパーツとなります。