G'7 Special g7-JB Type 3 "Progressive Green"

製作秘話

あえてヴィンテージから離れたジャズベースを



今回の仕様ですが、普段のg7スペシャルとは少し雰囲気の違った内容となりました。
一番のポイントは塗装関係ではないでしょうか。ダークメタリックグリーンをグロスフィニッシュ(鏡面)で仕上げ、ネックにも焼け色無しのナチュラルカラーを採用しています。普段のg7であればピックガードにもヴィンテージな風合いを持たせる為に特別な加工を施すのですが、今回はそれもあえて無しで組んであります。
新品然としたスタイルで仕上げられた本機ですが、やはり少しモダンで都会的な雰囲気を感じる事が出来ます。

アッシュボディと硬いローズ指板材を組み合わせる事でタイトでバランスの取れた音像を実現しており、それに加え弦も表通しを採用する事で、コシのあるボトムに支えられた美しい音像を主張し過ぎずに、それでいてクリアに響かせる事が出来ます。
こういった要素によってルックス同様の垢抜けた印象を持ちますし、それでいてレンジの広い表情豊かなベースサウンドを出力している事が分かります。

一見するとシンプルなジャズベースも、紐解いていくと実はオーナー様の拘りがぎっしりと詰め込まれている事が分かりますね。
オーナーのT様。今後、様々なシーンにおいても非常に高いレベルで応えてくれる最高の一本に仕上がったかと思います。どうぞ、末長くご愛用くださいね!


【Spec】
Body : Ash 2P
Neck : Plain Hard Maple 1P
Finger Boad : Jacaranda
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh GB29G-L
Bridges : Fender Vintage Style
Pickups : Seymour Duncan SJB1 Set
Control : g7 Original Circuit For JB (M.Vol / M.Tone & B.Vol / N.Vol)
Finish : Dark Green Metallic  (Gloss Lacquer)



2015/03/01

ブリッジにはフェンダー製のシンプルスタイル

ブリッジにはフェンダーのシンプルな表通しスタイルを採用。モダンになり過ぎない重要なポイントとなるだけでなく、サウンドも主張し過ぎないトラッドな実音を形成出来ます。


コントロールはg7オリジナルJBサーキット

コントロールにはg7のオリジナルJBサーキットを採用。スタックノブを2つ並べ《マスターVo & マスターTo》《F.Vo & R.Vo》というレイアウトとなります。g7-JBユーザーから絶大な支持を得ている"使える"コントロールサーキットです。


指板にはハカランダの柾目材

指板には柾目のハカランダ材を採用。タイトでレンジの広いタッチレスポンスを実現しています。見た目の美しさも魅力的なポイントとなっています。


ネックの塗装は、あえて着色無し

ネックは色を乗せずにナチュラルカラーで仕上げました。普段のg7とは全く風合いは異なりますが、塗面はg7ならではの極薄サラサラフィニッシュ。見た目には伝わり辛いポイントも、オーナー様の拘りが反映されています。