G'7 Special g7-ST Type 2 "Elderly Gentleman"

製作秘話

レリック仕様のゴージャスなストラトシェイプ



今回のオーダーは久し振りのレリック仕様のモデルとなりました。
オリンピックホワイトをベースとして、ハードめなレリック加工を施したのですが、レリック仕様というのはなかなかイメージを掴み辛いものでもあります。ボディの色味は勿論その上の焼け色加工。そのムラ加減。更にはレリックの部位や程度。ウェザーチェックの入り方等で、その都度大きく雰囲気も変わっていきます。

その為大切になってくるのはオーナー様との密な打ち合わせです。
今回は色合わせやレリック合わせと何度か足を運んで頂き、オーナー様の意向やご要望をしっかりと汲み取る事を意識しました。

結果として、非常にリアルで迫力のあるルックスが手に入ったのではないかと思われます。

勿論楽器としてのクオリティにも妥協などありません。稀少なハカランダ材をフィギュアドハードメイプルとマッチングさせ、ルックスをゴージャスに。サウンドは非常にコシの強い、それでいてブライトなストラトトーンを手に入れる事が出来ました。

オーナーのF様。レリックの傷跡が更に広がっていくぐらい、楽しんで弾き倒して下さいね。


【Spec】
Body : Alder 2P
Neck : Figured Hard Maple 1P
Finger Boad : Jacaranda
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh SD91-05MN-R
Bridges : g7 Original Tremolo Assembly
Pickups : Grinning Dog Set
Control : g7 Original ST Circuit
Finish : Aged Olympic White (Lacquer)



2014/06/20

指板には稀少なハカランダ材を使用

指板には近年非常に稀少となっているハカランダ材を贅沢に使用。サウンドは勿論の事、エキゾチックな板目がルックス面に於いても大きな役割を担っている事が分かります。


ネックにはフィギュアドハードメイプル材

ネックには美しいフィギュアドハードメイプル材を使用。近年ハードメイプルで美しいフィギュアドの出た材は非常に稀少で手に入り辛くなってきていますが、本機にはその稀少材を贅沢に採用しました。圧倒的な存在感が魅力的です。


細部に亘るリアルなエイジド加工

ピックガードやトレモロブリッジ、ノブやネジに至るまでリアルなエイジドを全て手作業で行っています。1つ1つは小さな部分も、最終的な雰囲気作りに欠かせない重要な意味を持ちます。


ボディにはリアルに、かつ大胆なレリック加工

ボディの塗装はウェザーチェックでひび割れ、至る所に百戦錬磨を感じさせる傷跡を再現していきます。全てが手作業で丁寧に行われる為、同じ物は2本と存在しません。