G'7 Special
g7-ST Type3
"Blasted Charcoal"

製作秘話

モダンな装いと、トラディショナルで刺激的なトーン。

 
今回のオーダーは、元々レイクプラシッドブルーのg7-STを、、、というご相談だったんですが、その際店頭に在庫していた新色のブラステッドチャコールのモデルを見て一目惚れ。急遽カラーを変更してのオーダーとなった経緯があります。
 
この新色ですが、現時点ではアッシュボディ専用のカラーリングとなっており、アッシュの導管、木地の質感を100%生かしたフィニッシュとなります。
記事が自然と、かつセンス良く汚されたようなカラー。導管や木目を効果的に演出しており、同時にマットな質感で仕上げる事でその雰囲気をより一層スペシャルなものとしています。しかもこのマットフィニッシュ、艶消しの塗料を一切使用せず特殊な工法により実現されたg7オリジナルのフィニッシュとなります。
一般的なマットフィニッシュはつや消しの塗料と異なり、手触りや質感に独特の暖かみ、深み、高級感が備わっており、大人のマットフィニッシュという言葉がピタリとハマる印象です。
 
ボディ材にはトーンは勿論の事、カラーリングを見据えての美しさも重要視しました。
指板にはハカランダを採用し、アッシュボディと相まって非常にタイトな輪郭と潰れない音像を実現しており、同時にアッシュ素材のウィークポイントでもある"ミドルの弱さ"をローズ素材で見事に補填しており、理想的なサウンドバランスを構築出来ました。
 
タイトで太い音像ではありながらも弾けるようなツワンギートーンも実感でき、良い意味での暴れも実にワイルド。しかし音の芯はしっかりと中低域を支え、パンチの効いたダイナミクスもあり弾いていて時間を忘れる程の魅力を体感出来る一本となりました。
やはりアッシュとハカランダの組み合わせはピッキング時の反応がピカイチですね。タイトで太く、適度な泥臭さと暴れ。ダイナミクスレンジも大変広く、サウンドの表情を余すとこなく表現してくれます。ハマる方にはハマる、一つの完成形と言えるバランス感です。
 
オーナー様は特にピッキング時の反応に面白みを求められる方でしたので、今回のモデルも大変お気に召して頂けました。どうぞ末長くご愛用ください!
 
 
 

【Spec】
Body : Ash 2P
Neck : Plain Hard Maple 1P
Finger Boad : Jacaranda / 22f 
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh SD91-05-R/GG
Bridges : g7 Original Synchronized Tremolo
Pickups : Vanzandt Vintage Plus L.P Set
Control : 1Vol , 2Tone , 1Lever SW
Color : Blasted Charcoal
Finish : Blasted Matt (Full Lacquer)

 
 

2017/12/08

ピックアップにはVanzandtを採用

ピックアップにはヴァンザントのヴィンテージプラス(レスプレッシャー)をセットで採用。その相性と品質の良さからg7では絶大な信頼をおいている標準ピックアップとなります。ヴィンテージライクでありながら芳醇なミッドレンジを持っており、適度な暴れと中域の太さが大変心地いいトーンです。
  

ブリッジにはg7シンクロナイズドを採用

ブリッジにはg7オリジナルのヴィンテージスタイルのシンクロナイズドトレモロを採用。一般的なシンクロよりも更にヴィンテージスタイルに拘ったスペック。そしてサドルにはG'SEVENの刻印が入ったスペシャルパーツとなります。
 

カラーには新色ブラステッドチャコールを採用

ボディ、ネック共に2017年の新色ブラステッドチャコールを採用しています。アッシュの木目、導管を100%生かした塗装方法で、艶消し塗料を用いないg7の特殊製法によるマットフィニッシュで仕上げられています。モダンな装いでありながらフルラッカーである事も見逃せないポイントです。
 

指板にはハカランダを採用

サウンドのレスポンス、そして輪郭に大きな影響を与える指板には希少材のハカランダを採用。よりタイトな中域が立ち上がる感触、音の高域〜超高域にかけて独特の艶をもたらしてくれる魅力的な素材です。