G'7 Special g7-ST Type2
"Faded 3-Tone Sunburst"

製作秘話

泥臭く上質。さり気ない高級感も備えた理想のストラト。

 
今回のモデルは非常にトラディショナルかつ王道の印象。しかし、その中にオーナー様の細かくとも強い拘りが反映されている一本となります。
 
ボディはアルダー2P。ネックは美しいフィギュアドの出たハードメイプル1P。指板には希少なハカランダを、最終的なバランスも考えながら厳しく選定。ボディとネックは仮組というg7独自の工程にて最終的なサウンドを予測する為にタッピングトーンにてチェックしています。
厳しい目と耳でチェックされたウッドトーンを最大限活かしきるのは、やはり下地から丁寧に仕上げられた薄いラッカーフィニッシュ。塗膜の構築によって最終的なサウンドも大きく変化する事を私たちは熟知しています。
 
今回のオーナー様は都内ではなく遠方の方でしたが、カラーリングの際にはわざわざご来店頂き、色合わせにお立会いも頂きました。多くの方がご利用されるカラーリングのお立会いですが、微妙な表情や雰囲気、色味を徹底的に追及出来るとして大変ご好評を頂いております。
この為だけに東京までいらっしゃる程、カラーリングを重要視される方も少なくありません。今回もその徹底した拘りを高い次元で実現出来たのではないでしょうか。
※カラーリングのお立会いは無料です。
 
ストラトらしい泥臭さ、そして良い意味での暴れた質感、ブライトで心地良い倍音、色気を含んだトップの艶、コシとパンチの効いた中低域、、、あらゆる要素を内包しながらも実に上質な仕上がりを魅せる一本となりました。
オーナー様にとって欠かす事の出来ない存在となってくれる事と信じています。
 
 

【Spec】
Body : Alder 2P
Neck : Figured Hard Meple 1P
Finger Boad : Jacaranda / 21f 
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh SD91-05MN-R
Bridges : g7 Original Synchronized Tremolo
Pickups : Vanzandt Vintage Plus (Less Pressure)
Control : g7 Original Circuit for ST w/Vintage Wire
Color : Faded 3-Tone Sunburst
Finish : Half Vintage (Lacquer)

 
 

2017/07/29

ピックアップにはVanzandtを採用

ピックアップはヴァンザントのヴィンテージプラス/レスプレッシャーを採用。スラブローズ期のヴィンテージピックアップを意識しながらも、雰囲気を壊さない程度に中域が加えられており、リアルなトーンと扱い易さとを両立しています。
  

強くフェイドしたヴィンテージ3トーンサンバーストを再現

一言で3TSと言っても現存しているヴィンテージ個体に同じ表情のモデルは二本と無く、非常に奥深い世界です。その奥深さをオーナー様のお好み、イメージを反映しながら完璧に再現しました。
 

指板にはハカランダ材

指板には超希少材であるハカランダを採用。レスポンス時のダイナミクスが泥臭さを失わずにタイトになり、音のトップにほのかな艶も加わります。コシのある中域が確保出来、非常に上質なトーンを生み出します。
 

ネックにはフィギュアドハードメイプル1P

ネック材には美しいフィギュアド杢の出たハードメイプルを1Pで採用。ワイドかつ不規則なうねりを魅せる個体で、立体的かつ有機的な表情を生み出してくれます。