G’7 Special g7-JM Type1 "Mr. Fullthrottle"

製作秘話

シンプルでありながらも個性的なRock n’Rollマシン。



今回オーダー頂いたオーナー様は遠方の方のため、基本的にはメールのみのやり取りとなりました。
当初より"Fullthrottle"のロゴをご希望されていたので、やはりロックンロールのイメージを持って製作に当たらせて頂きました。

まずボディ材ですが柾目のアルダー材を用い、しかも非常に多くのフレックが現れた材を選択させて頂きました。フレックの出ている材の多くは比較的硬質な物が多く、音響特性もハリのある非常にタイトな音像になり易いのが特徴となります。ジャズマスターシェイプをロックンロールに使用するにはやはり一際派手でタイトなサウンドが要になると思っていますし、結果的にも非常に気持ちの良い立ち上がりと締まった音像が印象的な一本に仕上がりました。

ボディカラーはブラックビューティを採用しているのですが、樹脂パーツを全てミントグリーン、もしくはエイジドホワイトで統一する事によって、他ではまず見る事の出来ない個性を確立する事に成功しました。

他メーカーさんでも作れる楽器をただ丁寧に製作するのではなく、そもそも他メーカーさんでは真似の出来ないレベルの楽器を生み出す事こそG'7 Specialの信条ですし、実際シンプルなギターにこそそういった特徴は如実に現れると思っています。
今回のモデルは正にその最たる例かと思いますし、オーナー様にも大変気に入って頂けたようで、我々もまた新たな達成感を覚えました。

オーナーのI様。今後しっかりと弾き込んで頂いた後にこそ、このギターのポテンシャルが発揮されてきます。思い切り弾き倒してあげて下さいね!

【Spec】
Body : Alder 2P
Neck : Plane Hard Maple 1P
Finger Boad : Indian Rosewood
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh SD91-05MN-L
Bridges : Fender Jazzmaster
Pickups : Seymour Duncan SJM1 Set
Control : 1Vol , 1Tone , 1Toggle SW
Finish : Black Beauty  (Lacquer)




2014/06/02

指板には厳選されたインディアンローズ

指板には厳選されたインディアンローズを採用。ハカランダ材よりも柔らかい木材の為、わずかに暴れる中域が特徴的です。この特徴によってローズらしい粘りのあるサステインも魅力的なポイントとなります。


ネックにはプレーンハードメイプル

ネックにはプレーンハードメイプルを採用。g7オリジナルのネックフィニッシュと相まって、飽きのこないトラッドなイメージが強く印象づけられている事が分かります。


ミントグリーンで統一されたパーツ類

樹脂パーツをミントグリーンやエイジドホワイトで統一する事によって、この個体ならではの個性としています。
ピックガードは削り出しから細かなシェイプ加工、最終的な色味まで含めて全てハンドメイドで仕上げられたg7オリジナルパーツとなります。



ロゴデカールは"Fullthrottle"

ロゴデカールにはg7の隠れキャラ的な存在、"Fullthrottleロゴ"を採用。元々The Mackshowの楽器用にデザインされたロゴデカールをあえて採用する事によって、本機をロックンロールマシンへと決定付ける事に成功しました。