G’7 Special g7-JM Type 3 "Vintage Apple"

製作秘話

鮮やかさと渋味が同居したジャズマスター



今回オーダーを頂いた際に参考となる画像を数枚頂き、まずはオーナー様のイメージを汲み取るところからスタートしました。

キャンディアップルレッドというカラーはビビッドなカラーであるが故に、ポップな雰囲気になりがちです。しかしオーナー様から頂いたイメージはヴィンテージ色の強めな深みのあるルックス。しかしながらメタリック感は強めに、、、という独特のオーダーでした。そのご要望にお応え出来るよう、塗装には一工夫二工夫手を加える事になりました。特に拘ったのは下地の処理。通常キャンディアップルレッドの下地にはラメ入りのシルバーをベースにするか、ラメは極小のゴールドを使うかで最終的な仕上がりも変わってきます。しかし今回は下地にその両方のカラーを使う事で、独特の深みのあるカラーリングを実現する事に成功しました。

ピックガードにチョイスした赤鼈甲もあえてコントラストの弱めな淡い柄をチョイスし、ヴィンテージな落ち付いた雰囲気を演出しています。

ヘッドトップも同じカラーで仕上げるマッチングヘッドを採用し、全体が真っ赤に染まったルックスでありながらも、決してポップではなく深みと渋味を感じさせてくれるルックスに仕上がったかと思います。

材にはボディ材、ネック材共に柾目の物を使用し、タイトで突き抜けるようなサウンドを実現しました。ドライブさせてコードを思い切り鳴らした際の存在感は“圧巻”の一言。オーナー様からも『想像以上の出来で満足しました』と、大変嬉しい一言を頂戴致しました。

オーナーのA様。今後使い込んでいく事で更なるサウンドの向上、雰囲気あるルックを手に入れる事が可能です。どうぞ、思い切り弾き倒してあげて下さいね!

【Spec】
Body : Alder 2P
Neck : Plane Hard Maple 1P
Finger Boad : Jacaranda
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh SD91-05MN-L
Bridges : Fender Jazzmaster W/Retro Tone Pickups Saddle Set
Pickups : Grinning Dog JM Set
Control : 1Vol , 1Tone , 1Toggle SW & Vintage Line
Finish : Candy Apple Red W/Matching Head  (Lacquer)




2014/04/28

指板にはハカランダ材

指板にはハカランダ材を使用。非常に個性的なうねりを見せる板目材で、サウンドは勿論、ルックス面でも大きな存在感を放っています。ポジションインレイはドットに、指板バインディングもあえて採用せず、ヴィンテージ色の強い印象を与えてくれます。


ピックガードの柄は淡い赤鼈甲を

g7で多く使われている派手めな赤鼈甲柄ではなく、あえて淡くコントラストを抑えめなものを使用。オーナー様が当初より抱いていたイメージを実現出来る様、柄にも拘っています。勿論、g7で製作されたオリジナルのピックガードとなります。


ブリッジサドルはレトロトーン製

g7ではお馴染みになりつつある、レトロトーン・ピックアップス製の専用ブリッジサドル。ブリッジ周りのトラブルを軽減してくれるだけでなく、サウンド面でも向上を図れます。クールで精巧なルックスもポイントです。