G’7 Special g7-JM Type 2 "Fullthrottle Master"

製作秘話

目指すは最速マシン!



『The Colts』『The MackShow』のKOZZY IWAKAWAさんの為に製作されました。既に十数年来のお付き合いをさせて頂いている中で、ご本人の好みやクセ等も知り尽くしているからこその完成度を誇る一本です。

良い意味でのチープさ(KOZZYさん曰く"しょぼさ"らしいですが…)を好む一方で、実はピッチ感や演奏性には人一倍の拘りを持つ同氏。その両方の魅力を併せ持ったギターを製作するのはかなり難しい事なのですが、g7-JMは正にソコを付いたモデルと言えます。

ナチュラルカラーのボディをご指定頂いたのですが、綺麗なルックスを好まない同氏の為に、ヴィンテージライクな色ムラを付けた渋いルックスに仕上げました。ロックギターは、やはりカッコ良くないといけません!

フルスロットルで駆け抜ける、そんな人生をゆくKOZZYさんにピッタリの一本ですね。

【Spec】
Body : Ash 2P
Neck : 3A Figured Hard Maple 1P
Finger Boad : Jacaranda
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh SD91-05MGG-L
Bridges : Fender Jazzmaster
Pickups : Seymour Duncan SJM1 Set
Control : 1Vol 1Tone 1Toggle SW & Vintage Line
Finish : Natural  (Lacquer)




2014/04/08

指板にはハカランダ材

指板にはハカランダ材を使用。ボデイカラーとのマッチングを考慮し、淡い色味の材を採用しました。勿論、音響面での妥協はありません。杢の詰まった材は、パーカッシブかつタイトな立ち上がりを実現しています。


ネックには3Aフィギュアドハードメイプル

ネック材にはフィギュアドを使用していますが、派手過ぎない3Aフィギュアドをチョイスしました。全体の雰囲気を壊さず、それでいてさり気ない高級感が、大人なロックを感じさせます。


“Fullthrottle"ロゴは不良少年少女の証

G'7 Specialの中でも隠れキャラ的な存在、"Fullthrottle"ロゴデカール。The MackShowの為に登場したこのロゴデカールは、永遠の不良少年少女の証となっています。