G’7 Special g7-JB Type 3S "Antique Jewelry"

製作秘話

有りそうで無い”美渋”な一本



今回のオーナー様は日頃A.Z社のジャズベースシェイプを使用されているそうです。その中で感じていたストレスや不満点等を改善する為には?というところからご相談に応じさせて頂きました。

エデンのモニターをされている為、同社のアンプを使用する事が前提となっており、かつ様々なセッションに参加出来る様に、といった内容でカウンセリングを進めさせて頂きました。

まず、好みとしてはアッシュ材のタイトでメリハリのあるサウンドである。それでいて飛び出し過ぎない、硬過ぎずに使い易さも重視する。元気よく音を飛ばす事も出来るが、ラインも綺麗に聴かせたい。A.Z社のベースはホワイトアッシュでかなり重い為、もっと軽くてストレスの無い重量バランスで仕上げる。。。等の内容を踏まえた結果、《表通しスワンプアッシュ+ハカランダ指板+ハードメイプルネック》という組み合わせを導き出しました。
更にコントロールにはg7オリジナルJBサーキットを採用し、ステージでの自由度をアップしました。

ヴィジュアル面では、ブロンドカラーにゴールドパーツという組み合わせでオーダーを頂いたのですが、ここで壁に当たります。
サーキットに使用する3ホールのコントロールプレート、そしてスタック用ノブ、更にブリッジには、メーカーからゴールドカラーが用意されていなかったのです。その為一度は頓挫しかけたのですが、そこはパーツを着色し雰囲気を合わせるという手法で解決が出来ました。むしろヴィンテージライクな塗装で仕上げる場合は、g7オリジナルの着色ゴールドは見事にマッチし、オーナー様にも大変喜んで頂けたのです。

そんなオーナー様の拘りが随所に散りばめられた特別な一本は、これから先もスペシャルな存在であり続ける事でしょう。
オーナーのM様。今後のミュージックライフにおけるあらゆる瞬間を、是非このベースと共に歩んでいって下さいね!

【Spec】
Body : Ash 2P
Neck : Plain Hard Maple 1P
Finger Boad : Jacaranda
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh GB29G-L
Bridges : Gotoh WB2-N(Gold mod)
Pickups : Seymour Duncan SJB1 Set
Control : g7 Original Circuit For JB (M.Vol / M.Tone & B.Vol / N.Vol & Vintage Line)
Finish : Blonde  (Lacquer)




2014/04/06

指板にはハカランダ材

指板にはハカランダ材を使用。タイトな音通りを実現出来る様、目がしっかりと詰まり、かつ整った表情の柾目材をチョイスしました。



弦は表通しブリッジを採用

必要以上に音が飛び出し過ぎないよう、表通しブリッジをチョイス。ベースラインが綺麗に聴こえるようになる為、聴き手やセッションメンバーにとっても耳障りの良いサウンドを実現します。



ナットにはブラスを採用

ナットにブラスを採用する事によって、メリハリが効きつつ埋もれないサウンドを実現しました。勿論、耳に痛くなるような金属音とは全く違うのでご安心を。
ゴールドパーツとも相性抜群で、非常に美しいルックスを演出してくれている事もポイントです。