G’7 Special g7-JM Type2 "Trad Burgundy"

製作秘話

トラディッショナルでありながら個性的なカラーで。


 
 
今回はオーナー様より、『バーガンディミストのトラディッショナルなジャズマスターを』とのオーダーを頂きました。
必要以上に派手過ぎず、それでいて面白みと渋味をしっかりと感じれる、何より音の良いジャズマスター。。。そんなイメージで製作にあたらせて頂きました。

実は今回でg7スペシャル4本目となるオーナーのT様。日頃よりg7をご愛用頂いているのですがそれらとは別に少しB級で、かつ使えるサウンドが欲しくなったとの事。

何よりも拘られたカラーリングですが、鮮やかで明るく、それでいてポップにはならない深みのある表情には大変ご満足頂けたようです。T様も仰ってましたが、このカラーリングが他のメーカーさんには出せないんです。g7の大きな魅力の一つですね。
『レコーディングで使いたい』とのお話だったのですが、サウンドも非常に気に入って頂けたようです。この“ハイクオリティなB級感”こそがg7-JMの真骨頂です。これからバンバン弾き倒していって下さいね!

【Spec】
Body : Alder 2P
Neck : Figured Hard Maple 1P
Finger Boad : Jacaranda
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh SD91-05MN-L
Pickups : Seymour Duncan SJM-1 Set
Control : 1Vol W-Tone(Push-Pull)  1Toggle SW & Vintage Line
Finish : Burgundy Mist (Lacquer)

 
 

2014/02/03

指板にはハカランダ材

 

敢えてドットポジションのみにする事で、トラッドなイメージがより強調されます。
 
 

ネックにはフュギュアド・ハードメイプル

 

美しい杢の出た硬質なハードメイプルを使用。
ネックフィニッシュはg7オリジナルの極薄ヴィンテージ仕上げ。多くの方に好評を頂いてます。
 
 

g7 Original W-Tone

 

抵抗値の異なる2種類のコンデンサを使用する事によって、効き方の違うトーンコントロールを用途によってチョイス出来るようになっています。
切り替えはトーンのプッシュ・プルで。