g7 Special
g7-LPC "Black Beauty"

遂にg7-LPシリーズからカスタムタイプがリリース開始です。〝本気のカスタム〟を求める皆様、是非ご注目下さい。

¥648,000-(TAX in)
 

g7 Specialのラインナップに加わった新モデル、g7-LPC(レスポールカスタムシェイプ)のご紹介です。

既にg7-LPS(スタンダード)では各方面から多大な高評価を頂戴しておりますが、同時にカスタムに対するご要望も大変多く水面下でプロジェクトを進めてまいりました。
今回新モデルとして立ち上げるに至って目指したものは、間違いなくヴィンテージライクでありながらも細かいディテールを模しただけのリイシューではない。g7の考える最高のカスタムトーン、そんなギターを追求しました。

ハードメイプルをトップに用いた1968年以降の仕様ではありますが、ネックの仕込み角は3.5度前後に抑え、ヘッドの角度は17度に設定。1950年代独特の甘いテンション感を実現しています。
またマホガニーにはバック材ネック材共に、ホンジュラスマホガニーをそれぞれ1Pで採用。指板には勿論漆黒のエボニー。
ネックジョイントはディープジョイントとし、ボディーのアーチ形状も1950年代後半の形状を元に削り出しています。
ウッドスペックだけを見ると「1950年代にメイプルトップのカスタムが存在したら」という見方も出来ますね。

塗装は下地からのフルラッカーである事は勿論、注目なのはそのカラーリング。ヴィンテージのレスポールカスタムを参考に独自の研究と工夫によって完成されたBlack Beautyカラーを採用。塗面は〝VOS以上レリック未満〟といった印象のg7オリジナルハーフヴィンテージフィニッシュで仕上げており、使い込まれ時間の経過した塗膜の風合いをリアルに表現しています。

ピックアップにはSeymour Duncan Antiquityを採用。ポットやスイッチ、コンデンサーやジャック、配線材に至るまで全て厳選された米国産のパーツを使用しています。
ブリッジにはサドルは勿論、ネジや台座に至るまで全てブラスの削り出しパーツで構成されたAPB-1。テイルピースもダイキャストではなくアルミの削り出しで製作。共に国産ハイエンドパーツGuardian製となっており、g7-LPSの上位機種Series 9と同様です。
ペグにはクルーソンの、通称ワッフルバックを採用する事で、カスタム然とした重厚感も出ますね。
いずれのハードウェアパーツもオリジナルエイジングが施され、先述のカラーフィニッシュと相まって抜群の雰囲気を演出します。

エボニー指板ならではの高域を中心としたタイトなレスポンススピードを誇り、ホンジュラスマホガニーならではの引き締まったボトム成分。そしてキツ過ぎないテンション感により、しっかりと鳴らされる事で得られる実にジューシィーで豊かな音像。それでいて音が団子にはならず、一音一音がしっかりと艶を持って主張してくる様は圧巻の一言。
歪ませれば太く鋭利なトーンを響かせますが、クリーンセッティングでは途端に伸びやかでジャジィな表情へと変貌します。
この振り幅の広いトーンデザインとクール過ぎるデザイン。カスタムの旨味が見事に凝縮されていますね。


何故か他メーカーでは廉価版と言わざるを得ない扱いを受けるカスタム。g7ではこれまでにLPSで蓄積されたノウハウを全力で注ぎ込み、妥協のない〝本機のカスタム〟として仕上げました。
既存のカスタムに「いまいちガツンとこない…」とお悩みの方には、是非お勧めしたい一本です。


4.71kg
w/オリジナルハードケース
 
※買い替えによる楽器の下取り、買取のご相談も随時受け付けております。
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい。
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。