G'7 Special g7-JM Type1S "Custom Black Beauty"

製作秘話

オールラウンダーの理想を、高い次元で実現したJM

 
当ブランドではg7-JM(ジャズマスターシェイプ)のカスタムオーダーを数多く頂戴しておりますが、今回のモデルは一際個性とオリジナリティに溢れた一本となりました。
オーナー様のご要望は「一本であらゆるスタイルを網羅出来るオールラウンダーなジャズマスター」。こういった内容のギターで多いのは、やりたい事を詰め込みすぎてとっ散らかってしまうパターン。今回はそこに特に注意し、完成度の高さにも拘った製作を心掛けさせて頂きました。
 
ボディにはアルダー2P。ネックにはハードメイプル1Pにセレクトされた上質なローズ指板。ここまでは一般的な内容と相違ありませんが、ブリッジにGuardianのAPB-1を採用しています。これに伴いネックセット部にも僅かなセット角を設けています。
このタイプのブリッジは本来角度付きギター用に設計されている為、デタッチャブルモデルに採用する際はポケットの深さを浅くするか、セット角を設けるかの工夫が必要となります。今回は狙うサウンド傾向から角度を付けて力強いレスポンスを得るようにしました。
 
本機の一番の個性はやはりピックアップのレイアウトではないでしょうか。フロントからJM→ST→HBという個性的なレイアウトで、しかもリアポジションはハイパワー系というオーダー。そこで今回はグリニングドッグにて、本機用のオリジナルセットを組む事となりました。まず各ポジションのベースモデルを指定した後、バランスが取れる様アレンジを施してもらいました。
当初から危惧していたのは特にフロントとリアポジションの不自然さ。センターは多少浮いても用途次第ではそれほど気にならないものですが、フロントとリアは同じ音作りでフレキシブルに切り替えが出来る必要があります。
本機はと言うと、フロントのブラックマスターならではの中域のファットさ、そしてリアのダーティドッグのホットさ。。。そしてトップの煌びやかさや透明感などが絶妙にマッチしており、全く違和感のない切り替えを可能としていました。
勿論それぞれ単体のサウンドでもしっかりと役割を果たしており、同時に切り替えを自然な感覚で行える、、、非常に完成度の高い、バランスに秀でたサウンドメイクを実感出来ました。
 
これにはアコースティックな要素が勿論重要で、音抜け感や自然でウッディーかつタイトなレスポンス。コシのある音像などが純粋な楽器鳴りによって備わっていて初めて仕上がるサウンドです。
 
そしてオーナー様より当初からヘッド裏に奥様の名前を彫刻したい、、、といったご要望がありました。範囲も狭く、実際かなり細かい仕事を要する内容であった為、今回はレーザー刻印を利用しました。諸々の準備に多少時間がかかりましたが、結果として完璧な仕上がりを実現出来たのではないでしょうか。
やはりオーナー様にとって大変愛着の湧く、特別な一本となってくれたようです。
 
ビジュアル、サウンド、プレイアビリティ、更にはプラスアルファまで、とことん拘った一本。是非大事に弾き倒して頂きたいです!
 
 

【Spec】
Body : Alder 2P
Neck : Plain Hard Meple 1P
Finger Boad : Indian Rosewood(Slab) / 22f / 300R
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh SD91-05MN-L
Bridges : Guardian APB-1
Pickups : Grinning Dog Special Set
※Models : Black Master / Austin Mod. / Dirty Dog AL5
Control : 3Vol , 1Lever SW
Color : Black Beauty
Finish : Half Vintage (Lacquer)

 
 

2017/01/14

スタイルの異なるPUを3発セット

ピックアップはフロントからJM、ST、HBと全くスタイルの異なるモデルを組み合わせました。いずれもグリニングドッグ製で、各PUのバランスが取れるようアレンジが加えられた本機の為のカスタムセットとなります。
  

ブリッジにはGuardian APB-1

ブリッジにはガーディアンのAPB-1を採用。パッと見はGibson社のABR1を彷彿とさせますが、こちらはサドルは勿論、ネジや台座に至るまで全てブラス、しかも削り出しで製作された国産ハイエンドパーツとなります。このブリッジならではのダイレクトかつ太く、グラッシーな音響特性は本機の縁の下の力持ちとなっています。
本パーツを採用するにあたり、ジョイント部に僅かなセット角を設けているのも重要なポイントです。
 

ヘッド裏にレーザー刻印

ヘッド裏にはレーザーを用いた刻印を施しました。オーナー様からのご希望で奥様の名前を彫り込んであり、本機を一層特別な存在へと押し上げています。
サウンドやプレイアビリティに関係はありませんが、間違いなく本機最大の魅力と言えるでしょう。