'50s Strato Type Hard Relic


【制作秘話】
購入者であるN氏の敬愛するウェイン・クランツ風にハードなレリックが施されたストラトタイプ。J.M Strato Type同様に手間と時間を要する制作者泣かせの(笑)1本でした。
この1本、どこかで見覚えがあると思いませんか?実はこのストラト、以前店頭で販売していた物をベースにレリック加工を行いました。
(因に指板の汚れの様に見えるのは本当の汚れではありません、念の為…)
元々、鏡面仕上げだったのでレリックには不向きだったのですが、g7の技術と長年の知識を集結させウェザーチェックも入れ、何とか加工に成功。オーナーであるN氏も想像以上の出来上がりに大満足でした。

徹底的なリアリティに拘ったg7のレリック加工。ご相談は随時受け付けていますので、ご興味のある方はお気軽にご相談下さい。

(2012.8.7)

【Spec】
Body: Ash 1P
Neck: 1P Hard Maple 21F
PU: Vanzandt×3
Bridge: g7 Original Tremolo Unit

加工前