G'7 Special g7-TL Type1 "Vintage Sonic Blue"

製作秘話

『ブルーとパールホワイトを用いながらも、渋い表情を持つヴィンテージライクなテリー』

 
今回のオーナー様は、以前店頭で販売していたブルーのテレキャスターを買い逃してしまったところからご相談となり、ある種雪辱を果たすという意味合いも兼ねてのオーダーとなりました。
 
オーナー様にとって、今回最も重要視されていたのはやはりボディカラーではないでしょうか。元々はダフネブルーというオーダーではありましたが、打ち合わせを進める中でオーナー様のイメージはソニックブルーに近い事が判明し、"色味がやや退色し、かつほのかにラッカー焼けを起こしたソニックブルー"という方向性にシフトした経緯があります。
 
オーダーを頂くお客様皆さんが色味や塗装に対して100%正しい知識と感覚を持っているかと言えば、必ずしもそうではないと思います。ですので大事なのはオーナー様の頭の中に思い描くイメージをどれだけ正しい形で引き出し、かつ具現化出来るか。もう少し言うと、そのイメージや期待を上回る表情や雰囲気を形にする事を常に目標にしています。
 
ボディにはアルダー2P、ネックはハードメイプル1P、指板にはセレクトされたインディアンローズウッドを採用しています。
ピックアップにはヴァンザントのダラスチョッパーをセットで搭載し、レスプレッシャーのオプションもインストール。ヴィンテージスタイルをベースにしながらもミドルを強めに押し出した扱い易いピックアップで、レスプレッシャーにより独特の減衰音や隙間感を実感出来る、よりヴィンテージライクな印象を持つ出音となります。
 
インディアンローズウッドとアルダーの組み合わせならではの、豊かに広がる倍音と太い中域。ブライトかつ適度なエッジを感じながら、同時に力強い芯のあるサステインも内包しており、扱い易さとブライトな色気を併せ持った珠玉のテリートーンを実現出来ました。
 
オーナー様にとっては少々遠回りにはなったものの、その甲斐あって素晴らしい一本になったかと思います。是非末長くご愛用下さい!
 
 

【Spec】
Body : Alder 2P
Neck : Plane Hard Maple 1P
Finger Boad : Indian Rosewood
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh SD91-05MN
Bridges : Wilkinson WT-3N
Pickups : Vanzandt Dallas Chopper Set(Less Pressure)
Control : 1Vol,1Tone,1Lever SW
Color : Faded Sonic Blue
Finish : Half Vintage (Lacquer)

 
 

2016/09/27

ピックアップはヴァンザント

ピックアップはヴァンザントのダラスチョッパーをセットで搭載。レスプレッシャーオプションをインストールしており、ヴィンテージさながらの緩く心地よい減衰音と独特の隙間感が得られます。
  

ブリッジにはウィルキンソンWT-3

ブリッジにはウィルキンソンのWT-3を採用。ブラス3コマならではのパンチの効いた太いサウンドを実現しながらも、各弦のオクターヴと弦高を完璧にセットアップ可能としたパーツです。
 

ピックガードにはヴィンテージパール

ヴィンテージソニックブルーのボディを一際引き立てているのはヴィンテージホワイトパールのピックガード。板材から削り出し、g7独自のヴィンテージ加工を施す事で他には無い渋い表情を手にする事が出来ました。