G'7 Special g7-ST Type 2S "Vintage Blonde"

製作秘話

ゴージャスな仕様をいなたく味わい深いスタイルで仕上げる


 
 
今回のオーダーは、オーナー様より妥協なしの一本をご要望頂き製作に入りました。
店頭の商品を試した上でサウンドや雰囲気を掴んで頂き、ご自身の中での最高を突き詰めた一本となります。
 
ボディには1ピースのアッシュボディ、ネックには選びに選んだ5Aキラー杢の1ピースハードメイプル、指板にはエキゾチックな木目も美しいハカランダ材を選定。このウッドマテリアルの時点で非常に豪華な姿が容易に想像できますが、加えてハードウェアパーツにはエイジングされたゴールドカラー。ボディカラーには美しくもいなたいヴィンテージブロンド。ピックガードにはヴィンテージパールホワイトを採用と、実に美しい仕上がりが特徴的な一本となりました。
 
ピックアップにはヴァンザントのヴィンテージプラス/ブルース/ロックという組み合わせでセットを組みました。リアポジションに向けて出力が高くなるよう組まれており、ヴィンテージという枠に拘らず純粋に扱い易いストラトを求める方にはお勧めのセットです。
全体的に中域の太くなるようなピックアップセットですが、本機のアコースティックな要素から得られる乾いたアタッキーな鳴りとの相乗効果で太く突き抜ける、目の覚めるような見事なサウンドを実現しています。
アッシュボディのストラトはリアポジション単体での扱いも非常に難しくなりがちでですが、本機は強力過ぎる程の立ち上がりやエッジ感を備えつつも、太くタイトなボトム成分とブライトでいなたい倍音によって"耳に痛くなりにくい使えるリアポジション"を実現しています。加えてg7オリジナルのSTサーキットによりリアポジション単体で独特のトーンコントロールを可能としており、音作りやプレイの幅を更に広げる事に成功しています。
 
塗装フィニッシュはg7では標準的な仕様となっているハーフヴィンテージを採用しておりますが、カラーリングの立会いは勿論、トップラッカーの焼け加工やムラ加工、ちょっとした汚し加工などにもお立会い頂き100%の理想をカタチにさせて頂きました。レリックを施さずとも古くいなたい雰囲気を演出出来ると、大変多くのお客様からご好評を頂いている"g7オリジナルハーフヴィンテージフィニッシュ"。本機の大きな魅力と言える独特の渋い表情を、見事な完成度で仕上げている事が分かります。
 
マテリアル、プレイアビリティ、サウンド、ルックス、、、その全てを究極のカタチでご要望頂いたカスタムオーダーストラト。オーナー様にとって今後手放せない愛機となってくれる事を祈っています。
 

【Spec】
Body : Ash 1P
Neck : 5A Figured Hard Maple 1P
Finger Boad : Jacaranda
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh SD91-05MGG-R
Bridges : g7 Original Tremolo Assembly Gold
Pickups : Vanzandt Vintage Plus / Blues / Rock
Control : g7 Original ST Circuit (Vintage Line)
Color : Vintage Blonde
Finish : Half Vintage (Lacquer)

 
 

2016/09/05

指板には稀少なハカランダ材を使用

指板には引き締まったハカランダ材を採用。サウンドに対する恩恵だけでなく、非常にエキゾチックな木目も魅力として惹き立ちます。
  

ネックには5Aフィギュアドハードメイプル材

ネックには選別されたゴージャスな5Aフィギュアドハードメイプル。見る角度によって細かく、かつ深く揺れる至極の表情を生み出します。
 

ピックアップにはヴァンザント

ピックアップにはヴァンザントのヴィンテージプラス/ブルース/ロックを組み合わせたセットを採用。何もヴィンテージスタイルをベースにしながらもリアポジションに向けて出力も高くなっていくよう組み合わせられており、理想的な出力バランスを実現します。
 

ブリッジを始めとしたゴールドパーツにはエイジド加工

ハードウェアにはゴールドカラーをチョイスし、カスタムエイジング加工を施す事で楽器全体の雰囲気演出に一役買っています。