G'7 Special g7-PB-FL Type 3S "Custom Antigua"

製作秘話

ラッカーフィニッシュアンティグア+フレットレス。


 
本機のオーナー様は既に数本程g7モデルをご愛用頂いている方で、一年以上前よりフレットレスも作りたい、とのご要望を伺っておりました。今回はその念願が叶う形となったオーダーです。
 
まずアンティグアというカラーが採用されていた時代のフェンダーはラッカーフィニッシュではなくポリフィニッシュとなっていました。つまりオリジナルフェンダーにはラッカーのアンティグアは存在しておらず、今回は有りそうで無かったラッカーアンティグアという、非常にマニアックなカラー指定です。
加えてフレットレス仕様。更にその指板は美しいハカランダと、、、掘り下げていくと細かい拘りが随所に見られる一本となりました。
 
一番頭を悩ましたポイントとしては指板面の仕上げです。まず、フレットのラインすた入れていない、、、つまりハカランダ材の美しさが最も際立つ仕様ですが、フレットレスは常に弦が指板に直接ダメージを与える為、一般的に厚めの硬いフィニッシュで指板面を保護するのが通例です。しかしオーナー様からは指板面が艶々になるのは避けたいというご要望。かと言ってサテンフィニッシュでは結局弾いているところから艶が出てきますし、何よりその表面は安っぽさすら感じてしまいます。
そこでポリフィニッシュより薄く仕上げられ、かつラッカーより強度の高いウレタンフィニッシュを採用し、なおかつ独自の仕上げ方法でサテンとは違った艶消しを実現する事となりました。
これにより、オーナー様のご要望に応えつつ強度も確保という結果を生み出せました。
 
サウンドに対する拘りも非常に強く、フレットレスでありながらも「ボンボン」し過ぎるのではなく、しっかりと音像が抜けて欲しいというご要望も頂いていました。それを実現する為にピックアップの選択や配線材のチョイスは勿論、音響特性としてもタイトな輪郭を持った素材を選定しました。
結果として、フラットワウンドを張ったフレットレスとは思えぬ程の太くコシの入った、パンチの強い音像を手に入れる事が出来ました。フレットレスという感覚でありながらもしっかりとアンサンブルでも音像が抜けてくる強力なサウンドは、本機の一番の魅力と言えるでしょう。
 
オーダーならではの特別なフレットレスベース。きっとオーナー様にとっても欠かせない一本となってくれるでしょう。
 
 
【Spec】
Body : Alder 2P
Neck : Plain Hard Maple 1P
Finger Boad : Jacaranda
Joint : Detachable
Machine Head : Gotoh GB29NL
Bridges : Wilkinson WB2
Pickups : Vanzandt P-Style Bass
Control : 1Vol , 1Tone
Color : Custom Antigua  (Lacquer)

Fnish : Half Vintage

 
 

2016/08/05

ブリッジにはウィルキンソンのWB2

ブリッジにはウィルキンソンのWB2の表通し仕様を採用。g7のベースでは全面で採用している信頼のブリッジパーツ。この構造ならではの利便性とサウンドが他では得られない魅力を生み出します。
 

ピックアップにはヴァンザント

ピックアップにはヴァンザントを採用。太い中域と適度な暴れが特徴的なピックアップで、ヴィンテージな泥臭さとモダンな扱い易さを両立した出音を実現しています。
 

ハカランダ指板のフレットレス仕様

フレットレスの上、ラインも排した精好かつクラシカルなスタイル。指板面にはウレタンを独自の艶消しフィニッシュで仕上げる事で、「艶々にしたくない」というオーナー様のご要望と指板面保護といった実用性を両立しました。
 

ネックは独自の極薄ラッカーフィニッシュ

先述の指板面とは違い、グリップ含めその他はすべてラッカーフィニッシュを採用。特にグリップ部はg7オリジナルの極薄サラサラフィニッシュ仕上げとしており、一本の楽器の中に複数の塗料、フィニッシュ方法を各部で使い分ける工夫をしています。