g7-ST Type 2S "Vntage Olympic White"

製作秘話

細かな箇所まで拘った完璧なスタンダードモデル


 
 今回のオーナー様は既にg7の別モデルをご愛用頂いている方ですが、最高のストラトトーンとルックスを探し求めた結果、再びg7へのオーダーをご決断頂きました。高級ブランドも多数存在する中で、当ブランドを選択して頂けるのは非常に有り難いお話です。
 
アルダーボディにスラブローズ。所謂60年前後のストラトを強く意識したモデルですが、その方向性を踏まえた上でオーナー様ならではのサウンド志向を徹底的に追及した一本となっています。
 
まず非常に硬質でサウンドバランスに秀でたハードメイプルネック。美しい杢も魅力的なネックですが、実はタッピングサウンドのみで選んだ材にたまたま杢が出ていたというある意味贅沢な選定方法。
指板に用いたハカランダ材は硬質過ぎず、しかし導管はしっかりと詰まったものを採用しています。
ボディに関しては単品で選択するのではなく、ネックに合わせ相性の良い物を選定してあります。
 
こういった材の選定や最終的な方向性に正解というのは無く、プレイヤーさんのお好みによって答えも変わってきます。勿論サウンドの方向性は木材の段階で完璧に分かるものでも無いですし、お約束出来るものでもありませんが、やはりせっかくのオーダーですから、そこは出来る限りご期待通りのサウンドになるよう努めています。
 
カラーリングは味のあるオリンピックホワイトが長年かけて色焼け、変色した状態を再現し、艶ムラなどを敢えて加える事でレリックでは無いが新品臭さも無い、ハーフヴィンテージフィニッシュというg7オリジナルの仕上げ加工を施してあります。g7では非常に人気の高い仕上げ加工で、実はオーダーの8割以上がこの手法で仕上げられています。
 
サウンドも非常に素晴らしく、タイトなレスポンスとヴィンテージを思わせるいなたい減衰音。艶とパンチのある中域とツワンギーな広がり。 良い意味での雑味と音楽的でダイナミックな鳴りが絶妙なバランスで同居しています。
 
時間をかけて育てていくのが楽しみになる、至高の逸品。今後、オーナー様の手によって更なる高みへと突き進んでくれる事を祈っています。



【Spec】
Body : Alder 2P
Neck : 3A Figured Hard Maple 1P
Finger Boad : Jacaranda
Joint : Detachable
Machine Head : RS Guitarworks KS-STS
Bridges : g7 Original Tremolo Assembly with Raw Vintage Saddles
Pickups : Vanzandt Vintage Plus Set with DMC PU Cover
Control : Original ST Circuit (Vintage Line)
Finish : Vintage Olympic White (Lacquer)

 
 

2015/10/25

指板には稀少なハカランダ材を使用

 

指板には希少なハカランダを採用。特に導管の詰まった材を選定し、滑らかで艶のある音像を実現しました。
 
 

ネックにはフィギュアドハードメイプル材

ネック材には美しい杢の出たハードメイプルを使用。見た目も勿論の事、非常に硬質で美しい響きのする材をチョイスする事で、タイトでバランスの良い出音を生み出します。
 

サドルにはロウ・ヴィンテージ

 

ブリッジサドルにはロウ・ヴィンテージのサドルを採用。よりヴィンテージに近いスタイルとして、オーナー様の拘りが反映されました。  
 

随所に散りばめられたヴィンテージリイシューパーツ

ピックガードやアルミシート、プラスティックパーツなど、拘りのヴィンテージリイシューパーツを随所に散りばめました。g7の芸術的とも言われるヴィンテージフィニッシュと相まって、他ではお目にかかれない特別なオーラを実感出来ます。