g7 Special
g7-ST/Large Type2
"Vintage Blonde"
w/A-Luminous

g7のフラッグシップクオリティーモデルにアルミナスシングルをインストール。ヴィンテージトラッドの新しい完成形としてご提案致します。

¥518,400-(TAX in)
 

ヴィンテージトラッドを独自のセンス、技法で提案し続けるg7 Specialから、久し振りのg7-ST(ストラトシェイプ)が入荷です。今回は何年頃の〜といった趣旨ではなく、完全独自の解釈により「現代の音楽シーンに必要とされているトラッドトーン」を形としました。

ボディにはライトウェイトアッシュ2P。ネックには美しいフィギュアド杢の出たハードメイプル1P。指板には希少なハカランダを採用し、それぞれのウッドトーンを吟味した上で最良のバランス、パーフェクトなアコースティックトーンを生み出す為、ハンドセレクトマッチングを行っています。

それらの工程を経て確定した素材を彩るのは、g7独自のセンスで仕上げられる美しい塗装。他メーカーでは見る事の出来ない渋く暖かく美しいヴィンテージブロンドカラー。そして楽器の鳴りを大きく左右する塗膜形成〜仕上げ。全てが一般的な製法とは異なる独自の解釈、工程によって生み出されている繊細なラッカー塗装となります。

ピッキングの瞬間、タイトな中域のバイト感が得られるのと同時に、非常にブライトかつ適度に弾けるような鈴鳴り成分。そして音の芯や輪郭はボヤけること無くタイトに抜け、裏腹に倍音成分は上品かつ豊かに広がります。
アッシュならではの、ダイナミクスレンジが広く引き締まったレスポンス。ボトム成分も全くモタる事なく立ち上がり、サウンドに明瞭さを感じます。そこにローズ(BZF)の中域が加わる事で聴感上の太さや豊かなサステインをブレンド。
Fender社の歴史を紐解いてもアッシュとハカランダの組み合わせは非常に珍しく、イメージする事も難しいかもしれませんが、実はこの組み合わせこそ理想とも言えるウッドトーンを生み出すとg7は考えます。
事実、過去カスタムオーダーを含め本機と同様のウッドマテリアルを多く製作しておりますが、いずれも大変な高評価を頂いております。

アルダー+ローズよりもタイトで垢抜けた反応。広いレンジ。豊かな表現力。
アルダー+メイプルよりもパンチの効いたミッドレスポンス。太く力強いサステイン。
アッシュ+メイプルよりも豊かなミッドレンジ。適度な粘りと太さを備えた良い意味での泥臭い質感。
上記のような違いがあり、先入観を捨てた状態で是非お試し頂きたい一本です。

店頭に並ぶのは非常に珍しい仕様です。気になっていた方も、この機会に是非お試し下さい。


3.47kg
w/オリジナルハードケース
 
※買い替えによる楽器の下取り、買取のご相談も随時受け付けております。
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい。
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。