g7 Special
g7-TL Type1
"Faded 3-Tone Sunburst"

g7-TL(テレキャスターシェイプ)の新作はアダルトな雰囲気漂うカラーリングが特徴の一本。敢えてオプションを排しリーズナブルな価格を実現した事も魅力的です。

¥280,800-(TAX in)

g7 Specialから新作のg7-TL(テレキャスターシェイプ)が入荷です。
本機はあえて各種オプション(希少材のチョイスやコントロールオプション、パーツ等のオプション)を排し、比較的リーズナブルな販売価格を実現したモデルです。
※あくまでオプションを追加していないだけで、素材のグレード、内部配線含むパーツ類、塗料、製作方法、製作者などは全て同じ。つまり楽器としてのクオリティそのものは他のg7 Specialと相違もありません。

ボディにはアルダー2P、ネックにはハードメイプル1P、指板にはセレクテッドインディアンローズをスラブ貼り。
1960年前後のスタイルを彷彿とさせるそのスタイルはカラーリングにも表れています。
カラーは3トーンサンバーストですが、真ん中の赤い成分が強く退色し、2トーン?と一瞬見間違える程に淡いヴィンテージな雰囲気を表現しました。
実際のヴィンテージ個体にもこういった変色は多く見られ、その状態を非常にリアルに再現した一本となります。
赤べっ甲ピックガードとの相性も抜群で、渋い表情でありながら個性的である事も忘れません。

ピックアップにはヴァンザントのダラスチョッパー(レスプレッシャー)をセットで搭載している事もあり、非常に中低域の豊かな、、、それでいてブライトなエッジもしっかりと実感させてくれる理想的なテリーサウンドを実現しています。
エッジィなだけでなく、ややウェットかつ良い意味での暴れも実感させてくれるそのトーンからは、古き良きアメリカを思い起こさせてくれます。この味のあるトーンを国産ギターで再現出来ているのは流石のg7。

クリスピーかつブライトなクリーンサウンド、砂を噛んだようなエッジが心地いいクランチサウンド、ブライトなだけではなく適度な粘りと芳醇な太さをも実感出来るドライブサウンド。
アルダーのテリーサウンドに求めるものは本機で間違いなく味わい切れます。

同ブランド内では比較的リーズナブルとはいえ使用パーツ、製作法含め全て他モデルと同等。初めてのg7 Specialとしても、2本目のg7 Specialとしても是非お勧めさせて頂きます。


3.43kg
w/ソフトケース(画像のハードケースは撮影用です)
 
※買い替えによる楽器の下取り、買取のご相談も随時受け付けております。
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい。
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。