g7 Special
g7-ST Type3
"Vintage Fiesta Red"

得意とするフェスタレッドで渋く彩られたg7-ST。セレクテッドアルダーボディにハカランダ指板(BZF)をマッチングし、ブライトながら太くパンチのあるストラトサウンドを実現。

¥372,600-(TAX in)
 

g7-STが久しぶりの入荷です。今回の個体はg7が大変得意としており、目の肥えたヴィンテージフリークをも唸らせる「ヴィンテージフェスタレッド」で彩られた一本。パッと見た瞬間から惹き込まれる雰囲気抜群の個体です。

ボディにはアルダー2P。ネックにはハードメイプル1P。指板には希少材ハカランダを採用しました。それぞれの音響特性をセレクトする事はもちろん、大事になってくるのがマッチングです。「優れた音響特性」と一言で言ってもその正解、個性は様々。優秀なネック、優秀なボディが仕上がっていてもマッチング次第ではそれぞれの魅力が発揮されない事もしばしばあります。
そこでg7では製作工程内に「ウッドマッチング」と「仮組」という工程を設け、組み合わせ次第で無限に変化する音響特性を確認し、よりベストな相性となるよう厳しくセレクトしています。

そういった工程でパーフェクトなセレクトがなされた木部を彩る塗装。
ここもg7ではオリジナルの工程を踏み、ヴィンテージライクで心地良いダイナミクスとパンチを伴ったサウンドを実現するだけでなく、購入後にプレイヤー自身の手によってサウンドも見た目も成長し易くなるよう手間暇かけて仕上げています。弾き込んでいくに従い、みるみる内にトーンも感触も変化していく事に驚かされると思います。
勿論、下地からのフルラッカー。塗膜によってトーンも感触も変わる事をg7を手にする事で実感して頂ける筈です。

ヴィンテージライクなストラトで、実際に出力も低いにも関わらず非常に太くパンチのある出音。中域が強調されながらもコモったり団子になってしまう事もなく、美しくも力強く分離した見事なサウンドです。
適度にクリスピーでブライトな感触も実感しながら、強力なダイナミクスを伴った太いストラトサウンドは存在感も抜群。ドライヴのノリも素晴らしく、思わず積極的にペダルを踏みたくなるでしょう。

耳触りが良いだけのサウンドではない、真に骨太なヴィンテージストラトトーン。ブルースやロックミュージックには特に相性が良いでしょう。
同仕様は年内最後の一本です。是非お問い合わせ下さい。


3.58kg
w/オリジナルハードケース

※ピックアップはVanzandt Vintage Plus LPをセットで搭載しています。
※通常のフロントトーンの位置では〈F & Cトーン〉。通常のセンタートーンの位置では専用キャパシターを使用した〈独立Rトーン〉となっています。
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。
※買い替えによる楽器の下取り、買取のご相談も随時受け付けております。
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい。