g7 Special
g7-TL 1952 Edition "52 Blonde"
Used

1952年TL仕様のレアモデルがユーズド入荷しました。見た目の貫禄を裏切らぬ見事な鳴りにもご期待下さい。

¥248,000-(TAX in)
 

g7 Specialの中でも大変レアな存在であるg7-TL 1952エディションが入荷しました。

g7-TLでアッシュボディー+メイプル1P、ブロンドカラーという時点で生産本数は多くなく、その上マイナスビスの採用+1Pアッシュボディーを採用した本機はレア仕様と言えるでしょう。

厳選された軽量なアッシュボディー1P、そして太めのグリップで仕上げられた1Pメイプルネックという、数あるエレキギターの中でも最もシンプルな材構成となる1952 TL。ソリッドボディーエレクトリックギターの始まりを強く連想させ、エレキギター本来の魅力を最もダイレクトに体感出来るスタイルですね。

塗装は下地からのフルラッカー。新品時より非常に薄く固く仕上げれておりますが、経年変化による塗膜乾燥により更に薄く引き締まった状態は、楽器の鳴りにも最大限ポジティブな影響を与えてくれます。
ただの爆鳴りという訳ではなく、g7独自のラッカー塗膜は良質な鳴りに加えて"いなたさ"と泥臭さをトーンに与えてくれます。これこそがg7の提案する"本物の楽器"のみが持つサウンドに不可欠な要素なのです。

クリスピーかつブライトなレスポンスはタップリの艶感も実感出来、太く逞しいボトムに支えられたサステイン。そして自然かつ倍音の広がりを維持した減衰音。本来のテレキャスタートーンはレスポール並みの太さも感じる、、、などとヴィンテージフリークの間では囁かれていますが、本機を手に取って頂けるとその意味がハッキリと認識出来るでしょう。低出力PUなのにアンプ直でこの太さは、、、!ときっと驚きを感じて頂ける筈です。

本機を通じて、テレキャスターの持つ本来の魅力をたっぷりとご堪能下さい。お問い合わせをお待ちしております。


3.47kg
w/汎用ソフトケース

※委託でのお取扱いとなる為、原則現状渡しとなります。
※4wayセレクターを採用しておりますが動作が緩くなっております。通常使用する上では問題無いかと思いますが気になる場合は交換をお勧め致します。

※傷等の状態は画像を参考にして頂くか、気になる場合はお問い合わせ下さい。
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。
※買い替えによる楽器の下取り、買取のご相談も随時受け付けております。
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい。