MJT Body + Warmoth Neck
Component ST "3TS Relic"

米国を代表するサプライヤーMJTとWarmothを組み合わせたオリジナルコンポーネント。ピックアップにはKleinを採用するなど抜かり無いスペックを誇ります。

Thank You Sold Out!
 

米国を代表するサプライヤー「MJT」「Warmoth」の二大ブランドを組み合わせるという、なかなかありそうで無かった発想を形にしたコンポーネントストラトが入荷しました。

ネックにはワーモス、ボディにはMJTをそれぞれ採用しており、ボディは激しいレリックに至るまでの塗装工程も全てMJTとなります。

メイプルネック、ローズ指板、アルダーボディと所謂60sスタイルの一本で、ジョン・メイヤーのBlack1を彷彿とさせるレリックにKleinのJazzy Catセット(ジョンが実際に使用しているピックアップ)。それにレイボーンを彷彿とさせる3TS+レフティートレモロが組み合わさった、思わずニヤリとするアメリカントラッドなスタイル を完成させています。
ネックは60年前後風のやや細身グリップ、指板Rは視認する限り350R以上のモダン仕様となっており、フレットはミディアムジャンボ程度で減りはほぼ皆無。現代的なプレイアビリティを実現しているイメージです。

ブライトで太い鳴りにクリスピーかつ伸びやかなヴィンテージSTトーンを実現しており、これぞ理想!と捉える方も多いのではないでしょうか。
ダイレクトなレスポンス、タイトな中域に枯れた倍音感。艶を伴った"コロンコロン"というスラブローズ+アルダーならではの色気とパンチのあるレスポンスダイナミクス。ハイポジションでも細くならない逞しい中低域。
繊細でありながらも太く伸びやかなサウンドは正にジョン・メイヤーを彷彿とさせます。

探して出てくるモデルではありませんし、この発想は本家フェンダーではあり得ないスペックかと思います。
かと言って一からオーダーをすれば本機の販売価格を上回るコストは確実でしょう。
一目で「これは!?」となってしまった方。迷っている暇はありません。是非お早めのお問い合わせをお願い致します。


3.45kg
w/汎用ソフトケース

※ブリッジサドルの1弦箇所のみ交換されています。
※その他のサドルも幾つか錆で動き辛くなっている為、必要に応じて交換をお勧め致します。現時点での弦高調整は完了しております。
※アームバーは欠品しております。(Fenderのインチ規格かと思われます)
※傷等の状態は画像を参考にして頂くか、気になる場合はお問い合わせ下さい。
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。
※買い替えによる楽器の下取り、買取のご相談も随時受け付けております。
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい。