Fender
1965 Mustang
Dakota Red

比較的オリジナル度も高く、それでいてフレットは打ち替えたばかりで綺麗な状態。珍しいBネックのスラブハカランダ指板仕様です。

¥268,000-(TAX in)

 
Fenderのスチューデントモデルとして産声をあげたムスタングですが、その独自性の強い構造、サウンド、デザイン。そして完成度の高さから今でも大変な人気を博しています。

今回のモデルは1965年製の個体でスラブのブラジリアンローズ指板。そして指板幅がレギュラー幅であるBネックシリアル。この組み合わせが実は大変珍しく、多くはラウンドローズ+Aネックシリアル(ナット幅が狭い仕様)となっており、本機の仕様は探してみるとなかなか見つからない、、、そんな一本となっています。

ボディは鮮やかさと深みを兼ね備えたダコタレッド。ポップな印象になり易いカラーリングですがそこは流石のヴィンテージフェンダー。深みのある見事な雰囲気を放っています。


フレットとナットは交換されておりますが、大変綺麗な仕上がりと殆ど減りも見られない事からごくごく最近の仕事である事が予想されます。フレットは太すぎず、しかし適度に背は高く、どなたにも好感の持たれそうなプレイアビリティを実現しています。
ピックアップはオリジナルですが、フロントのみカバーは交換されている可能性が高いです。新しくはありませんが色味が微妙に異なります。(ブラウン系です)
ボディトップにステッカーの痕が残っています。(画像にてご確認下さい)

ヴィンテージと言えどまだまだ現役での活躍が期待出来るコンディションを保っており、それでいてオリジナル度も非常に高い一本。レア仕様のネックという事も考えると大変リーズナブルな価格でご案内させて頂きました。
使えるヴィンテージをお探しの方、是非お問い合わせ下さい。


3.46kg
w/オリジナルハードケース

※アームバーは欠品しております。
※傷等の状態は画像を参考にして頂くか、気になる場合はお問い合わせ下さい。
※返品、キャンセルに関する詳細はこちらからご確認下さい。
※買い替えによる楽器の下取り、買取のご相談も随時受け付けております。
※店頭でも随時販売しております。お問い合わせ中の売却もあり得ますので、予めご了承下さい。